テントウノミハムシとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 害虫 > ハムシ > テントウノミハムシの意味・解説 

テントウノミハムシ

和名:テントウノミハムシ
学名Argopistes biplagiatus
    コウチュウ目ハムシ科
分布国内では北海道九州分布
 
写真(上):テントウノミハムシ成虫
写真(下):テントウノミハムシ幼虫
説明
戦後北海道ヤチダモ造林地に大きな被害与えたことで有名。モクセイ科寄主とし,最近では公園などに植栽されているトネリコ属イボタノキ属落葉樹多発することある。とくにヤチダモトネリコ,チョウセントネリコ,イボタノキなどを好む。成虫テントウムシ類に似ているが,刺激与えると跳躍して逃げる。色彩変化に富む幼虫体色は乳白〜黄色で,頭部茶褐色。年1化。関東南部では,落葉下などで越冬した成虫が,3月ごろに樹上出現する。成虫は,交尾新芽・新産卵し,卵は10日前後孵化する。幼虫は潜葉性で,3齢を経て1か月足らず寄生木離れる幼虫はときに孔道を変えるために,表面に出ることがある老熟幼虫は,から落下して土中に潜る。土中で過ごす期間は約1か月で,6月中〜下旬羽化して地上出現する。羽化直後成虫は活発に摂食するが,摂食量は真夏には低下し,秋に再び上昇する。11月ごろから寄生木離れ越冬場所に移る。越冬先立って少数交尾する。成虫寿命長く2回越冬するものもいる。北海道では越冬成虫出現5月産卵5月下旬6月中旬,卵は6月中旬ごろから孵化し,幼虫7月中旬ごろまで見られる
テントウノミハムシ成虫

テントウノミハムシ幼虫






テントウノミハムシと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テントウノミハムシ」の関連用語

テントウノミハムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チョウセンアカシジミ

ヒノキ樹脂胴枯病

クリタマバチ

ヨシブエナガキクイムシ

ヒラアシハバチ

ヤドリホオナガスズメバチ

マッソスポラ属

ウバタマムシ





テントウノミハムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2017 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2017 Weblio RSS