テバインとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 薬物 > テバインの意味・解説 

テバイン

分子式C19H21NO3
その他の名称:テバイン、パラモルフィンThebaine、Paramorphine、6,7,8,14-Tetradehydro-4,5α-epoxy-3,6-dimethoxy-17-methylmorphinan、(4aR,8R,9cS)-3,5-Dimethoxy-12-methyl-4a,8,9,9c-tetrahydro-8,9c-(iminoethano)phenanthro[4,5-bcd]furan、(4aR,8R,9cS)-3,5-ジメトキシ-12-メチル-8,9-ジヒドロ-4aH-8,9c-イミノエタノフェナントロ[4,5-bcd]フラン
体系名:6,7,8,14-テトラデヒドロ-4,5α-エポキシ-3,6-ジメトキシ-17-メチルモルフィナン、(4aR,8R,9cS)-3,5-ジメトキシ-12-メチル-4a,8,9,9c-テトラヒドロ-8,9c-(イミノエタノ)フェナントロ[4,5-bcd]フラン


(+)‐テバイン

分子式C19H21NO3
その他の名称:(+)-テバイン、(+)-Thebaine、(9S,13R)-6,7,8,14-Tetradehydro-4,5β-epoxy-3,6-dimethoxy-17-methylmorphinan
体系名:(9S,13R)-6,7,8,14-テトラデヒドロ-4,5β-エポキシ-3,6-ジメトキシ-17-メチルモルフィナン


テバイン

薬物テバイン
英名thebaine
化合物名or商品名
分子式C19H21NO3
分子データ
用途麻酔薬
副作用
胎,授乳児への影響
備考
融点193
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-114(ウサギ皮下注)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

テバイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/06 09:35 UTC 版)

テバイン (thebaine)、別名パラモルフィン (paramorphine) はオピオイドアルカロイドの一種で、アヘンの少量成分である。化学的にモルフィンコデインと類似した構造を持つ。抑制作用よりも興奮作用のほうが強く、多量に摂取するとストリキニーネと同様の痙攣作用をもたらす[1]。テバインがそのまま治療用に使われることはないが、工業的には医薬品原料として利用され、オキシコドン、オキシモルフォン、ナルブフィン、ナロキソン、ナルトレキソン、ブプレノルフィンエトルフィンなどが製造される。


  1. ^ Aceto, M. D.; Harris, L. S.; Abood, M. E.; Rice, K. C. (1999). "Stereoselective mu- and delta-opioid receptor-related antinociception and binding with (+)-thebaine." European Journal of Pharmacology 365(2-3): 143–147. PMID 9988096.


「テバイン」の続きの解説一覧





テバインと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テバイン」の関連用語

1
塩酸テバイン 化学物質辞書
100% |||||

2
テバイン酒石酸水和物 化学物質辞書
76% |||||

3
テバイン・ピクリン酸 化学物質辞書
70% |||||

4
(+)‐テバイン 化学物質辞書
52% |||||

5
52% |||||

6
テバイン塩酸塩水和物 化学物質辞書
52% |||||


テバインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロリティー

W63CA

富岡英作

茶席扇

WX310J

オープン フェース

M判

ハナデンシャ





テバインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテバイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS