テネシー・ウイスキーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > ウイスキー > テネシー・ウイスキーの意味・解説 

テネシーウイスキー

アメリカ連邦アルコール法ではバーボンウイスキーのうち、
(1)テネシー州でつくられていること、
(2)蒸溜直後サトウカエデの炭で時間をかけてろ過してから貯蔵するチャコールメロウイングでつくられていること、
の2つの要件を満たしたウイスキーを特にテネシーウイスキーと呼ぶことが許されています。

チャコールメロウイング法により、バーボンウイスキーとは違った独特のまろやかさとなめらかさが生まれメロウウイスキーと評されています。

テネシー・ウイスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/01 09:44 UTC 版)

テネシー・ウイスキー(英: Tennessee whiskey)とは、アメリカ合衆国の南部に位置するテネシー州で作られる、ウィスキー蒸留酒)である。このようにアメリカ合衆国において、同国の法律にしたがって生産されているウィスキーであるため、テネシー・ウイスキーはアメリカン・ウイスキーにも分類される。またテネシー・ウイスキーの製法はバーボンとしての要件も満たしているので、テネシー・ウイスキーはバーボン・ウィスキーにも分類される。




注釈

  1. ^ このように、テネシー・ウイスキーにおけるトウモロコシの使用比率は80%未満に制限されているため、コーン・ウイスキーの要件は満たさない。コーン・ウィスキーを名乗るには、原料の80%以上がトウモロコシである必要がある。
  2. ^ アメリカン・ウイスキーは、蒸留によってアルコール度数を95%未満にまでしか上げてはならないと、アメリカ合衆国の法律によって規定されている。ちなみに、仮にアルコール度数を95%以上にしてしまうと、原料の違いによる蒸留酒の差は無くなって無個性になると言われており、そのような蒸留酒を中性スピリッツと呼ぶ。つまり、アメリカン・ウイスキーのニューポット(蒸留したての熟成前の蒸留酒)は、中性スピリッツではないことが条件となっていることを意味する。さらにバーボン・ウィスキーには、より原料の個性を残すためにも、このニューポットのアルコール度数は80%以下ではならないと、やはり法律によって定められている。テネシー・ウイスキーのニューポットのアルコール度数は80%以下であるので、この点でもテネシー・ウイスキーはバーボン・ウィスキーの要件をクリアしていることが判る。
  3. ^ バーボン・ウィスキーを名乗るためには、一定期間以上の熟成を必要とする。テネシー・ウイスキーは、この要件もクリアしている。

出典

  1. ^ 古谷三敏 『知識ゼロからのシングル・モルト&ウイスキー入門』 幻冬社 2004年 126頁
  2. ^ a b 橋口孝司 『ウイスキー銘酒事典』 p.145 新星出版社 2001年3月25日発行 ISBN 4-405-09663-5


「テネシー・ウイスキー」の続きの解説一覧





テネシー・ウイスキーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

テネシー・ウイスキーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テネシー・ウイスキー」の関連用語

テネシー・ウイスキーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

水割りのつくり方

ウイスキーの製造工程

ビールの利用法

炭酸飲料の製造工程

JAS規格

ワインカクテル

ジン

ワインの瓶型





テネシー・ウイスキーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2016 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテネシー・ウイスキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS