テコ入れとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > テコ入れの意味・解説 

てこ入れ

読み方:てこいれ
別表記:テコ入れ、梃入れ

期待したとおりに進んでいない物事停滞している状況などを、外部からの刺激援助によって打開ようとする取り組みを意味する表現

テコ入れ

株価が下がらないように、人為的買い物を入れて株価維持すること。
テコ入れが行われるケースとして、次のような場合あります例えば、信用取引などを利用してを買っている場合株価が下がると「追い証といって追加保証金をとられることがあります大口の投資家であれば大量資金を必要としますので、株価が下がらないよう買い物を入れて、株価維持して「追い証」を避けようとします。また株式相場全体でも、これ以上株価下げると投資家の不安を呼ぶという場合など、証券会社自己売買部門大量の買いを入れて、日経平均株価などを維持して相場環境を守ろうするのもテコ入れと言えます。

テコ入れ(てこいれ)

相場下落人為的手段用いて食い止めること、または大量買い注文出し相場支えることをいいます。

テコ入れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/12 15:48 UTC 版)

テコ入れ(てこいれ)とは、期待しただけの効果が得られないでいる、あるいは状況が悪化している事態に対して、なんらかの改善を行うこと、またはその改善手段のことである。


[ヘルプ]
  1. ^ 例えば、株式の信用取引では株式の信用買い取得に際して保証金を支払うが、株価が低下すると追加保証金(いわゆる「追証」)を求められ、これは大量の株式を保有している場合には相対的に追加保証金も大きくなる。このため株価の低下を予防し追証支払いのリスクを回避する上で追加の買い注文を入れることで株価を安定させる。この他、株価の下落(ないし高騰)が投資家筋の不安を煽るほどになってしまうと、売り注文(ないし買い注文)が集中、歯止めが利かずに一気に株価が暴落(ないし乱高下)する危険性があるため、これを予防するために買い注文(あるいは売り注文)を入れ株価の急変動を幾らかでも食い止めることもてこ入れの範疇である。
    証券用語集「テコ入れ」(weblio/ダウ・ジョーンズ証券用語集)より要約・補足
  2. ^ 地獄先生ぬ〜べ〜ぬーべー 文庫版のおまけコーナー「メイキング・オブ・ぬ〜べ〜ぬーべー 」にてどのようにテコ入れを行ったか語られている【地獄先生ぬ〜べ〜ぬーべー 】はジャンプ打ち切りサバイバルをこう乗り切った!(紫の物語的解釈)


「テコ入れ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テコ入れ」の関連用語

テコ入れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

821SC

エリシア トメントサ

綱引競技

ゴールデン・プリステラ

野外手術システム

イリエワニ

ザルツブルク

オールインワン





テコ入れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2017 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2017 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテコ入れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS