ツールナイフとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 武器 > ナイフ > ツールナイフの意味・解説 

ツールナイフ

分類Tool Knife ツールナイフ
【英】 Tool Knife

フォールディングナイフには刃以外にドライバー缶切りなどの他の用途道具付けた物があり、付いている機能の数によって何徳のツールナイフなどと呼ばれる
ペンチやワイヤーカッター等の工具類が付いているツールナイフ、コルク抜き釣り針外し等を持つキャンプレジャーに便利なと、様々な種類がある。
米国ティム・レザーマン(Tim Leatherman)が、自分の困難に直面 した経験から開発したプライヤー付きコンパクトなポケット・サバイバルツールが有名で、レザーマンツールは、1983年登場以来爆発的大ヒットとなった。
ツールナイフ

ナイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/14 08:20 UTC 版)

(ツールナイフ から転送)

ナイフ: knife/knives《複数形》)は、対象を切削するための道具刃物)で、切削部であると握りの部分で構成される。武器工具に特化したものを除く、に持って用いる汎用の刃物を指す。日本語の「小刀」(こがたな)のことであり、脇差を意味する しょうとう は含まない。漢語刀子(とうす)にほぼ相当する概念である。


[ヘルプ]
  1. ^ 鄭仁和訳編 『アメリカ陸軍サバイバルマニュアル3サバイバル・ノート』 朝日ソノラマ、1992年6月。ISBN 4-257-05080-2
  2. ^ 平成20年銃刀法改正警察庁では2009年7月4日までに廃棄などするようにとしている)
  3. ^ The Norwalk Hour, 1961 May 31, p. 29. “How Did the Jackknife Get its Name?”. www.news.google.com. 2011年2月4日閲覧。
  4. ^ なお、切り裂きジャックとは英語圏で名前の分からぬ男を暫定的に「ジャック」と呼ぶ習慣によるものであり、「ジャック」からジャックナイフを連想しがちであるが、関係はない。日本語で言えば「切り裂き権兵衛」といったところである。また何故か本邦では飛び出しナイフをジャックナイフと呼ぶ誤解が蔓延している(これは、石原裕次郎の歌曲『錆びたナイフ』による影響が大きい[要検証 ])が飛び出しナイフは英語圏ではスイッチブレードナイフと呼ばれる。
  5. ^ 『ナイフマガジン』1992年6月号・ワールドフォトプレス・日本国内の価格は当時120万円で、最高のクラフトマンにより一品ずつ仕上げられる高級品とのこと。ハンドル長110mm・厚み60mm・重量950g
  6. ^ http://www.victorinox.com/jp/app/content/history_page
  7. ^ a b ASEKガーバー LMF2等
  8. ^ この場合、軍用ナイフや狩猟ナイフも全て登山ナイフと呼ばれることが多い。凶器として使用もしくは押収された中~大型のシースナイフを指す報道・法曹用語である。
  9. ^ 例えば『ツーリング図鑑』(編:アウトライダー編集部 ISBN 4-88672-098-6)によれば、野宿を含むアウトドア・ツーリングにおいて「大げさなサバイバルナイフは全く必要ない」とした上で、シンプルなポケットナイフを、料理に凝るならまな板・包丁セットを勧めている
  10. ^ 日立金属工具鋼株式会社
  11. ^ a b Mission Knives
  12. ^ 武生特殊鋼材







ツールナイフと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ツールナイフに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ツールナイフ」の関連用語

ツールナイフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バードナイフ

登山ナイフ

バックロックナイフ

スローイングナイフ

アーミーナイフ

トレッキングナイフ

アックス

フローリストナイフ





ツールナイフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ナジスナイフナジスナイフ
©2016 TakahashiCutlery Co.Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナイフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS