ツインリンクもてぎとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 競技場 > 日本のサーキット > ツインリンクもてぎの意味・解説 

【ツインリンクもてぎ】(ついんりんくもてぎ)

栃木県芳賀郡茂木町にある自動車レース場。
本田技研工業の子会社株式会社モビリティランド」が運営している。

通常SuperGTインディカーレース使用されるサーキットであるが、曲技飛行専用機によるエアショー開催されることもある。
スホーイなど、他では見られない機体による、とてつもない曲技飛行間近見られる

また、2006年には「栃木熱気球世界選手権」の会場にもなった。


ツインリンクもてぎ(日本)

英語 Twinring MOTEGI

1997年オープンした1.5マイルオーバルと、4.8kmのロードコースを組み合わせサーキットオーバルインディカーNASCARに使われ、国内レースは、ロードコースが主体で使われている。まわり込んだコーナー多くストレートも短いため抜き所の少なコース栃木県茂木町にあり、鈴鹿サーキットと同じ本田技研工業経営する。

ツインリンクもてぎ(日本)

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ツインリンクもてぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/11 14:27 UTC 版)

ツインリンクもてぎTwin Ring Motegi)は、栃木県芳賀郡茂木町にある自動車レース場である。1997年8月営業開始。四輪のSUPER GTや、二輪の日本グランプリ(もしくはパシフィックグランプリ)が開催されている。日本語表記において「ツインリン」(濁音)は誤り。




[ヘルプ]
  1. ^ a b “もてぎレースの魅力拡大”. 読売新聞. (2015年2月4日). http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/feature/CO004124/20150204-OYTAT50000.html 2016年10月17日閲覧。 
  2. ^ 2011年9月開催のインディジャパン300ではロードコースを用いた。
  3. ^ オーバルバトルとは?”. 株式会社モビリティランド. 2010年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月17日閲覧。
  4. ^ 「もてぎスーパー耐久 オーバルバトル」を11月27日開催”. Car Watch. 2017年7月17日閲覧。
  5. ^ もてぎビクトリースタンドは必見! SGTなら迫力増!?”. AUTO SPORT web(株式会社サンズ) (2014-1015). 2016年10月17日閲覧。
  6. ^ 技術情報|サーキット情報|ツインリンクもてぎ”. 株式会社ホンダ・レーシング. 2016年10月24日閲覧。
  7. ^ インディジャパンの開催コース変更について - モビリティランド・2011年6月3日
  8. ^ ロッシ10月日本GP来日ボイコットか - 日刊スポーツ・2011年6月5日


「ツインリンクもてぎ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ツインリンクもてぎに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ツインリンクもてぎ」の関連用語

ツインリンクもてぎのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ジルコニア酸素センサー

ドッグファイト

トレイル

ネガティブスクラブ

シリンダーヘッドガスケット

複葉機

空力中心

Bo105





ツインリンクもてぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツインリンクもてぎ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS