チェーン・ストークス呼吸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 呼吸 > チェーン・ストークス呼吸の意味・解説 

チェーン・ストークス呼吸


チェーンストークス呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/22 12:27 UTC 版)

チェーンストークス呼吸(チェーンストークスこきゅう、: Cheyne-Stokes respiration)とは一回換気量がしだいに増加し、次いで、しだいに一回換気量が減少する呼吸が繰り返される状態。交代性無呼吸とも呼ばれる。呼吸中枢低酸素症脳出血脳梗塞)、動脈血循環の不良、低酸素血症のいずれかが原因となる。中枢神経系の異常、うっ血性心不全、重度の腎臓疾患、肺炎中毒全身麻酔乏血失神、瀕死時などに認められる。名前の由来は発見者であるイギリス内科医ジョン・チェーン(en:John Cheyne (physician))とアイルランドの内科医ウイリアム・ストークス(en:William Stokes (physician))から。






「チェーンストークス呼吸」の続きの解説一覧





チェーン・ストークス呼吸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チェーン・ストークス呼吸」の関連用語

チェーン・ストークス呼吸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




チェーン・ストークス呼吸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2014 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェーンストークス呼吸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS