ダウン症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > ダウン症の意味・解説 

ダウン症候群

同義/類義語:ダウン症
英訳・(英)同義/類義語:Down syndrome

21番染色体トリソミー三倍体)が原因となってで生じる、ヒト染色体異常疾患

ダウン症(染色体異常)

染色体とは、遺伝子かたまりで、人間のからだの細胞一つひとつに入っているものです。

染色体は、23対=46本から成っていますが、この中に欠けているものがあったり、重複するものがあったりするのが染色体異常です。「ダウン症」は、この染色体異常原因で起こるもので、精神発達遅滞などが見られます。

染色体異常は、妊娠初期流産原因になることが少なくありません。胎児の側に異常があるため、妊娠継続しにくくなるわけで、自然淘汰システムがはたらくと考えられています。


ダウン症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/18 05:53 UTC 版)

(ダウン症 から転送)

ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、: Down syndrome)は、体細胞21番染色体が1本余分に存在し、計3本(トリソミー症)となることで発症する、先天性疾患群。新生児に最も多い遺伝子疾患である[1]。多くは第1減数分裂時の不分離によって生じる他、第2減数分裂時に起こる。かつては蒙古症(もうこしょう)と呼ばれた。東洋人に特有のものとの偏見が広がったが、これは1866年にダウン医師が誤ってまれにコーカソイドより劣っていると当時考えられていたモンゴロイド系遺伝子を持った白人の子供がヨーロッパで出生しているものと考えつけた学名であり、旧称である。 英名においては当時、ヨーロッパを中心にMongolism; Down's Syndromeと呼ばれたが、現代はMongolismは外され単にDown’s syndromeと呼ばれるように定義されている。欧米などにおいてもダウン症児の妊娠率には東洋とまったく差はない。近年においては京都大学から染色体異常のダウン症のチンパンジー等も報告されている[2]。つまり、猿人が人に進化しそれぞれの人種に分岐していく前の時代からすでにダウン症は存在していたということである。また、ダウン症と定義されていないがダウン症の外見的な特徴を持つ虎や猫などの動物も存在している。




[ヘルプ]
  1. ^ a b Down Syndromes”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年7月1日閲覧。
  2. ^ [1] チンパンジーのダウン症 -チンパンジー22番染色体異常の報告(京都大学)
  3. ^ スティーヴン・ジェイ グールド「パンダの親指」上巻15章 "ダウン博士の症候群" 早川書房1996年
  4. ^ Fifty years of evolution of the term Down's syndrome M Luisa Rodríguez-Hernández, Eladio Montoya, Volume 378, No. 9789, p402, 30 July 2011, The Lancet
  5. ^ On the diagnostic term "Down's disease" Norman Howard-Jones, Medical History / Volume 23 / Issue 01 / January 1979, pp 102-104
  6. ^ 「国連による3月21日『世界ダウン症の日認定を祝って』」 (PDF) 財団法人日本ダウン症協会
  7. ^ Evolution of the use of the terms “mongolism”, “Down's syndrome”, “trisomy 21”, and “Langdon Down's syndrome” in publication titles listed in PubMed (1961–2010) M Luisa Rodríguez-Hernández, Eladio Montoya, Volume 378, No. 9789, p402, 30 July 2011, The Lancet
  8. ^ a b c d e f g h i j Facts about Down Syndrome”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年7月1日閲覧。
  9. ^ Weijerman, ME; de Winter, JP (Dec 2010). “Clinical practice. The care of children with Down syndrome.”. European journal of pediatrics 169 (12): 1445–52. doi:10.1007/s00431-010-1253-0. PMID 20632187. 
  10. ^ Malt, EA; Dahl, RC; Haugsand, TM; Ulvestad, IH; Emilsen, NM; Hansen, B; Cardenas, YE; Skøld, RO et al. (Feb 5, 2013). “Health and disease in adults with Down syndrome.”. Tidsskrift for den Norske laegeforening : tidsskrift for praktisk medicin, ny raekke 133 (3): 290–4. doi:10.4045/tidsskr.12.0390. PMID 23381164. 
  11. ^ ステッドマン医学大辞典第6版
  12. ^ a b 『ダウン症者の思春期と性』 カナダダウン症協会、飯沼 和三 (監修)、 阿部 順子 (訳)、同成社、2004年ISBN 978-4886212887
  13. ^ Senn and Charlene Y. ,Vulnerable: Sexual Abuse and People With an Intellectual Handicap,Toronto:G Allan Roeher Inst Kinsman, 1996/01, p.11.参照
  14. ^ 北沢杏子「知的障害をもつ子どもの性教育・性の悩みQ&A」アーニ出版2005年 参照
  15. ^ 飯沼和三『ダウン症児の療育相談:専門医からのアドバイス』大月書店、1997年版、発育子育ての項参照
  16. ^ 池田由紀江監修「ダウン症のすべてがわかる本」講談社 2007年 p44 参照
  17. ^ 例えば13トリソミーでは80%が生後1か月以内に死亡し、1年間生存できるのは10%とされる
  18. ^ a b 母体血清マーカー検査 分かるのは先天異常の「可能性」 産経新聞 2012.06.21 東京朝刊 18頁 生活 写有 (全1,280字)
  19. ^ 『遺伝医学・遺伝相談に関する倫理的・法的諸問題の比較法的研究』64頁(丸山英二(神戸大学大学院法学研究科))、科学研究費補助金研究課題番号12620004、京都地裁平成9年1月24日判決(平成7年(ワ)第629号)、判時1628号71頁、判タ956号239頁、医事法14(1999)号121頁
  20. ^ “Down’s syndrome -The UK NSC policy on Down’s syndrome screening in pregnancy,” National Health Service
  21. ^ ACOG Committee on Practice, Bulletins (Jan 2007). “ACOG Practice Bulletin No. 77: screening for fetal chromosomal abnormalities.”. Obstetrics and gynecology 109 (1): 217–27. doi:10.1097/00006250-200701000-00054. PMID 17197615. 
  22. ^ Noninvasive prenatal diagnosis of fetal aneuploidy using cell-free fetal nucleic acids in maternal blood”. United Healthcare Oxford. 2014年3月25日閲覧。
  23. ^ Mersy, E; Smits, LJ; van Winden, LA; de Die-Smulders, CE; South-East Netherlands NIPT, Consortium; Paulussen, AD; Macville, MV; Coumans, AB; Frints, SG (Jul–Aug 2013). “Noninvasive detection of fetal trisomy 21: systematic review and report of quality and outcomes of diagnostic accuracy studies performed between 1997 and 2012.”. Human reproduction update 19 (4): 318–29. doi:10.1093/humupd/dmt001. PMID 23396607. 
  24. ^ Bianchi, DW; Parker, RL; Wentworth, J; Madankumar, R; Saffer, C; Das, AF; Craig, JA; Chudova, DI; Devers, PL; Jones, KW; Oliver, K; Rava, RP; Sehnert, AJ; CARE Study, Group (Feb 27, 2014). “DNA sequencing versus standard prenatal aneuploidy screening.”. The New England Journal of Medicine 370 (9): 799–808. doi:10.1056/nejmoa1311037. PMID 24571752. 
  25. ^ a b Caroline Mansfield, Suellen Hopfer, Theresa M Marteau (1999). “Termination rates after prenatal diagnosis of Down syndrome, spina bifida, anencephaly, and Turner and Klinefelter syndromes: a systematic literature review”. Prenatal Diagnosis 19 (9): 808–12. doi:10.1002/(SICI)1097-0223(199909)19:9<808::AID-PD637>3.0.CO;2-B. PMID 10521836. http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/abstract/65500197/ABSTRACT.  これは、Britt, David W; Risinger, Samantha T; Miller, Virginia; Mans, Mary K; Krivchenia, Eric L; Evans, Mark I (1999). “Determinants of parental decisions after the prenatal diagnosis of Down syndrome: Bringing in context”. American Journal of Medical Genetics 93 (5): 410–16. doi:10.1002/1096-8628(20000828)93:5<410::AID-AJMG12>3.0.CO;2-F. PMID 10951466. によって発見された90%と言う結果とも類似している。
  26. ^ “Society 'more positive on Down's'”. BBC News. (2008年11月24日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/7746747.stm 
  27. ^ Horrocks Peter (2008年12月5日). “Changing attitudes?”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/blogs/theeditors/2008/12/changing_attitudes.html 
  28. ^ Green, RM (1997). “Parental autonomy and the obligation not to harm one's child genetically”. J Law Med Ethics 25 (1): 5–15. doi:10.1111/j.1748-720X.1997.tb01389.x. PMID 11066476. 
  29. ^ Rayner, Clare (1995年6月27日). “ANOTHER VIEW: A duty to choose unselfishly”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/opinion/another-view-a-duty-to-choose-unselfishly-1588540.html 2009年10月30日閲覧。 
  30. ^ Glover NM and Glover SJ (1996). “Ethical and legal issues regarding selective abortion of fetuses with Down syndrome”. Ment. Retard. 34 (4): 207–14. PMID 8828339. 
  31. ^ Will, George (2005-04-01). “Eugenics By Abortion: Is perfection an entitlement?”. Washington Post: A37. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A51671-2005Apr13.html. 
  32. ^ Will, George (2012年5月2日). “Jon Will’s gift”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/opinions/jon-will-40-years-and-going-with-down-syndrome/2012/05/02/gIQAdGiNxT_story.html 
  33. ^ エーザイ、ダウン症治療で国内初の治験 8月から 2013年6月29日 13:33 日本経済新聞
  34. ^ a b c d e f ダウン症の染色体異常を丸ごとストップ、治療実現に第一歩 健康百科 2013年07月31日 18:00 掲載 2016年9月1日閲覧
  35. ^ 稲沢 潤子 『ダウン症の子どもたち』 大月書店〈子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本〉、1998年ISBN 978-4272402823
  36. ^ Sadler, T. W. 『ラングマン人体発生学 第10版』 安田 峯生 (訳)、メディカルサイエンスインターナショナル、2010年、18頁。ISBN 978-4-89592-650-8
  37. ^ Morris, JK; Mutton, DE; Alberman, E (2002). “Revised estimates of the maternal age specific live birth prevalence of Down's syndrome.”. Journal of medical screening 9 (1): 2–6. PMID 11943789. 
  38. ^ 『第107回 医師国家試験問題解説』 国試対策問題編集委員会、メディックメディア、2013年ISBN 978-4896324716 E問題18番
  39. ^ 1970-1989年のアメリカでの統計結果


「ダウン症候群」の続きの解説一覧





ダウン症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ダウン症に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダウン症」の関連用語

ダウン症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

女遊戸海水浴場

ヴァレンチニット

クロスバ交換機 C30A

ロケットの打ち上げ工程

クロヒョウ

ドット

排水性舗装機能回復車

ヒッコリー シャフト





ダウン症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2017 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダウン症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS