ダイヤフラムとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ダイヤフラムの意味・解説 

ダイヤフラム

英語 diaphragm

圧力作用に応じ、変位を生じる膜のこと。基布両面に耐油、耐熱性ゴムコーティングし、気密もしくは油密機能を保ちながら柔軟性もたせる。正圧や負圧によりダイヤフラムに生じる力で稼動部分作動させたり、圧力調整弁にも用いる。例えブレーキ倍力装置燃料噴射システム燃圧調整バルブまた、EGR制御バルブや、電子制御式燃料噴射システム燃圧調整弁などに採用されている。圧力センサーの正圧もしくは負圧作用する膜にも用いられる。さらに、ダイヤフラム状のガスケットが用いられることがあるが、これはダイヤフラムガスケットと称される。

ダイヤフラム

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ダイヤフラム diaphragm

金属薄膜感温膨張弁なと各種の弁や、ポンプなどの部品に用いられ、 その微細動き伝え仕事をさせることが多い。

ダイヤフラム

読み方だいやふらむ

圧力流量液面などの自動制御用に使われている空気圧作動する調整弁のこと。一番わかりやすい例はセカンドステージ内に使用されている薄いゴム製の膜だ。ちなみに人間横隔膜の英語名もダイヤフラムである。

ダイアフラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/14 13:47 UTC 版)

(ダイヤフラム から転送)

ダイアフラム

  • カメラ、光などの光学系における絞り (光学) (英: diaphragm)
  • 音、振動における振動板(英: Diaphragm:ダイアフラム)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ダイヤフラムに関連した本

ダイヤフラムに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイヤフラム」の関連用語

ダイヤフラムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ダイヤフラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2014 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2014 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイアフラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS