ダイアジノンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 農薬 > ダイアジノンの意味・解説 

ダイアジノン

示性式(C2H5O)P(=S)OC4HN2(CH3)(CH(CH3)2) 分子量304 CAS番号333-41-5】
無色特有の臭気を持つ、常温粘性のある液体有機リン酸殺虫剤防蟻剤として用いられる。厚生労働省室内濃度指針値は、0.29μg/m3
EPS建材には使用されていない

ダイアジノン

分子式C12H21N2O3PS
その他の名称:バスジン、ヌシドール、サロレックス、ネオシドール、ジアジトール、ジムピラート、ダイアジノン、スペクトラシド、ダイアジトール、スペクトラシード、Basudin、G-24480、Nucidol、Sarolex、Diazinon、Diazitol、Neocidol、Dimpylate、Spectracide、Phosphorothioic acid O,O-diethyl O-(2-isopropyl-6-methyl-4-pyrimidinyl)、Thiophosphoric acid O,O-diethyl O-(2-isopropyl-6-methyl-4-pyrimidinyl) ester、Thiophosphoric acid=O-(2-isopropyl-6-methyl-4-pyrimidinyl)=O,O-diethyl esterジアジノンチオりん酸O,O-ジエチル-O-(2-イソプロピル-6-メチル-4-ピリミジニル)
体系名:ホスホロチオ酸O,O-ジエチルO-(2-イソプロピル-6-メチルピリミジン-4-イル)、チオりん酸=O-(2-イソプロピル-6-メチル-4-ピリミジニル)=O,O-ジエチル、チオりん酸O,O-ジエチルO-(2-イソプロピル-6-メチル-4-ピリミジニル)


ダイアジノン

農薬Diazinon
和名orISO名[商品名]ダイアジノン
分子式C12H21N2O3PS
用途殺虫殺ダニ剤接触性)
LD50(ラット)/g kg-10.076
LD50(マウス)/g kg-10.085
劇毒区分劇物1%以下は指定なし)
ランクBs
有機300
無機295
農薬登録(1996年時点)1955年登録(日本)/承認ISO
その他農業用・家庭用・家畜用として使用
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ダイアジノン(C12H21N2O3PS)

ダイアジノンは農薬で、淡黄色液体です。有機リン系殺虫剤で、単独または他の農薬混合使用されます。茎葉散布剤、土壌処理剤、くん煙剤などとして用途広く広範囲害虫防除使用されます。指針値は、「0.005mg/リットル以下」と定められています。

ダイアジノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/22 13:42 UTC 版)

ダイアジノン Diazinon)は、有機リン殺虫剤の一種。


[ヘルプ]


「ダイアジノン」の続きの解説一覧

ダイアジノン

出典:『Wiktionary』 (2011/10/07 14:01 UTC 版)

名詞

ダイアジノン

  1. 有機リン系殺虫剤ネキリムシなどの防除に用いられる。

語源






ダイアジノンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイアジノン」の関連用語

ダイアジノンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロスステッチ用布地

岩手山

カンパリ・ソーダ

マリボー

スコッチウイスキー

ボルタ

モヘア

東西線50系車両





ダイアジノンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2017 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイアジノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダイアジノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS