タラノキとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > 山菜 > タラノキの意味・解説 

櫼木

読み方:タラノキ(taranoki)

ウコギ科落葉高木薬用植物


タラノキ

タラノキ
科名 ウコギ科
別名: -
生薬名: ソウボクヒ惣木皮
漢字表記 惣木
原産 日本 中国
用途 山林などに自生する落葉低木食用にと栽培盛んに行われている。樹皮・根皮を強精・関節炎などに用います。春先新芽は、天ぷら和え物などにして食べられる
学名: Aralia elata Seem.
   

櫼木

読み方:タラノキ(taranoki)

ハリギリ別称
ウコギ科落葉高木薬用植物

学名 Kalopanax pictus


太良乃木

読み方:タラノキ(taranoki)

ウコギ科落葉低木小高木園芸植物薬用植物

学名 Aralia elata


タラノキ ウコギ科

タラノキ
ウコギ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
4月5月

タラノメ


芽 葉 花 実

採取法・注意とマナー

高いところにあるは、幹を折らないよう寄せ根本から折りとり、絶対に幹を切らないこと。幹を切ると木が死んでしまいます。
また、脇芽や2番以降は採らないルール守りましょう来年以降が出なくなり、採れる数が減ってしまいます。

味わう

タラノメ天ぷらのおいしさは格別
の上焼きながら味噌をつけて食べる味噌焼き、ゆでておひたし各種和え物などにする。

 

採取法
などで引き寄せだけ採る

薬効

民間薬として健胃整腸利尿などの治療予防に使われ、幹のトゲだけを煎じ高血圧予防ガンに使ったといわれる。現在では、糖尿病血糖値降下させる効果実証されている。


DATA
ウドと並ぶ、代表的山菜のひとつ。山野生え落葉低木で、幹は直立し、高さ4mくらいに達する。
タラノキのは10cm程度までの新芽を摘むが、幹などに鋭い刺が多く注意が必要である。

タラノ木

読み方:タラノキ(taranoki)

所在 青森県上北郡野辺地町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

タラノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 08:39 UTC 版)

タラノキ(楤木、桵木、学名、Aralia elata)はウコギ科の落葉低木。新芽を「たらのめ(楤芽)」「タランボ」などと呼び、スプラウトとして食用に販売もされている。テンプラ等に調理される。「タラ(楤、桵)」と呼ばれることもある[1]


  1. ^ デジタル大辞泉『』 - コトバンク
  2. ^ 薬用食物の糖尿病予防成分、吉川雅之、化学と生物Vol.40,No.3,2002


「タラノキ」の続きの解説一覧





タラノキと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

タラノキに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タラノキ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

タラノキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホオノキ

ドクダミ

ヤマグワ

コンフリー

アカザ

ウド

ウツボグサ

ヤブレガサ





タラノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2016, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2016 ひだ清見観光協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタラノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS