タッチラグビーとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > タッチラグビーの意味・解説 

タッチラグビー

歴史と沿革


タッチラグビーは、元々リーグラグビー(*1)のウォーミングアップ用として考案されたものを、独立した種目として発展させたものです。1960年代オーストラリアで始まったとされ、日本には1988年口元周策氏(現・ジャパンタッチ協会代表理事)によって紹介されました。1989年7月には日本タッチ協会設立されています。

オーストラリアニュージーランドでは「タッチ」、「タッチフットボール」という名称が一般的ですが、日本では「タッチラグビー」と呼ばれています。

(*1)リーグラグビー : 最も一般的な15人制ラグビーであるユニオンラグビーから分化した、13人制ラグビーのこと。タックルで倒されるとゲーム止まり、6回タックルを受けてトライできなければ攻撃相手に移るなど、独特のルールを持つ。


競技方法




1チーム12以内グラウンドでのプレイヤーは6人で、いつでも自由に交代できますタックルスクラムなどはなく、パス主体ゲームです。

コイントス行い、勝ったチームからの攻撃ゲーム始まります。攻撃側はまず、グラウンド中央ボールタップ(*2)してから、後方へのパスランニング組み合わせボールを進め、相手のトライエリアへのタッチダウン目指します。

守備側はボール進行止めるため、ボールキャリアーの身体へのタッチ(*3)を試みます。タッチ発生した場合は、ボールキャリアーはその場でロールボール(*4)を行いプレー再開します。守備側は、ロールボール地点から5mバックなければなりません。攻撃側が6回タッチを受けると、攻撃相手側に移動し、攻守交代となります。また、インターセプトして攻撃転ずることもあります

(*2)タップボール地面に置いて、軽く足で蹴り通常30cm以内位)、手でボール拾い上げる一連の動作のこと。

(*3)タッチ両手、または片手でも可。

(*4)ロールボール : ボール両足の間から後ろに転がすプレーのこと。身体の横で転がすのは反則


ルール


主なルールには以下のようなものがあります

・ フォワードパス : 前方パス投げること。

・ ボールトゥグラウンド : ボール地面に落とすこと。

・ オフザマーク : タッチされた場所とは違う場所でロールボールを行うこと。

オフサイドタッチの後、守備側の全プレイヤータッチ位置から5m後退なければならないが、後退せずに再びタッチすること。


コート

3050m、長さ5070mの長方形


ボール



タッチラグビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/21 04:18 UTC 版)

タッチラグビー (Touch Rugby) は、ラグビーで用いられるタックルを、より安全な「タッチ(後述)」に置き換えた、より親しみやすい簡易型フットボール






「タッチラグビー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

タッチラグビーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タッチラグビー」の関連用語

タッチラグビーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アイスホッケー

マウンテンバイク

キャンプ

ボート

オーケーゴルフ

ビリヤード

タスポニー

レスリング





タッチラグビーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタッチラグビー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS