タキシードとは?

Weblio 辞書 > 生活 > 結婚用語 > タキシードの意味・解説 

タキシード [3] 【tuxedo】

男子夜間略礼服燕尾服代用として用いる。黒羅紗ラシヤなどで作り上衣背広形で襟は綾絹でおおう。ズボンにも側線綾絹飾り縁がつく。黒の蝶ネクタイ着用ディナー-ジャケットディナー-コート。タクシード。 〔アメリカニューヨーク州タキシード-パークにあるカントリー-クラブ会員がそろって着たことに由来する〕

タキシード

夜の準礼装。テイルコートにルーツをもつ。本来は夜(18以降着用するものとされたが、最近は昼でもOKとされている。白のウイングカラードレスシャツに黒の蝶ネクタイ合わせるシルク施しショールカラージャケットシングル場合カマーバンドベスト着用パンツ側章が1本入ったもの。招待状に「ブラックタイ」と記されている場合はこれを着用する。

タキシード


タキシード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/13 11:07 UTC 版)

タキシード: dinner jacket, tuxedo)は、男性用の礼服の一つで、基本的には夜間、宴席で着用される物である。その出自から同じく夜間用の正礼服である燕尾服に対して略式の礼装とされるが、21世紀の現代では燕尾服の使用が減ったため、タキシードが実質的な正礼装の様に使われる場合も多い。[注 1] イギリスではディナー・ジャケット(会食服)、その他の欧州諸国ではスモーキング(smoking, 喫煙服)と呼ばれる。(名称については下記参照)




[ヘルプ]
  1. ^ 飯野高広 『紳士服を嗜む』 朝日新聞出版、2016年ISBN 4022512423
  2. ^ 國土潤一 『これがオペラだ 上手な楽しみ方とその知識』 音楽之友社〈100% music〉、1996年ISBN 4276301106OCLC 675117665
  3. ^ 渡辺和 『気軽に行こうクラシック・コンサート チケットから服装まで』 音楽之友社、1995年ISBN 4276301025OCLC 673911055
  4. ^ 渡辺誠 『もしも宮中晩餐会に招かれたら 至高のマナー学』 角川書店〈角川ONEテーマ21新書〉、2001年ISBN 4047040193OCLC 676381308
  5. ^ "「ディナー・ジャケットの研究」 国によって名称が異なる" 文 出石尚三 http://www.asahi.com/and_M/fashion/SDI2014120518691.html
  6. ^ 飯野高広 『紳士服を嗜む』 朝日新聞出版、2016年ISBN 4022512423
  1. ^ ホワイトハウスやイギリス王室の晩餐会などでもこの服装がドレスコードにされる場合が現在では普通にある。
  2. ^ これに対して、燕尾服着用の際には白い蝶ネクタイを用いるため、ホワイト・タイと称される。


「タキシード」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

タキシードに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タキシード」の関連用語

タキシードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プリンセスカット

パヴェ

アンサンブルドレス

ラウンドネック

スレンダーライン

オーバースカート

ホルターネック

ビスチェ





タキシードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2017 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタキシード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS