セルライトとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 美容整形用語 > セルライトの意味・解説 

セルライト

女性特有の凹凸脂肪のことをさす。セルライトは血管から脂肪細胞離れて、肌表面近く徐々にたまった脂肪細胞老廃物大きくなったもの。いったんセルライトができると血行不良招き脂肪くっつきやすくなるので、悪化の一途をたどることに。セルライトは自然になくなることはないとされる

セルライト cellulite

脂肪の塊繊維組織の溜まったもので、女性太腿、腰、臀部皮膚窪みができることがある

セルライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/24 01:57 UTC 版)

セルライトCellulite)は、皮下脂肪のうち、体表に現れる皮膚の凸凹の変化で主に腹部・臀部・大腿部に不均一かつブロック状に存在する組織を指すとされる。肥満とは異なる[1]


  1. ^ 尾見徳弥、沼野香世子、「皮膚科医のための臨床トピックス セルライト」 臨床皮膚科, 69巻5号, 2015/4/10, doi:10.11477/mf.1412204429
  2. ^ Richard J. Moskowitz, David Zieve. Cellulite Medline Plus, 2014-12-2. ここには「セルライトの治療」といったタイトルの論文が示されている。
  3. ^ “So-called cellulite: an invented disease”. J Dermatol Surg Oncol 4 (3): 221–9. (1978). PMID 632386. 
  4. ^ Cellulite: MedlinePlus Medical Encyclopedia
  5. ^ 矢久保修嗣、木下優子、荒川泰行 ほか、セルライトに対する漢方医学的検討 和漢医薬学雑誌 19(Supplement), 85, 2002-08-05, NAID 110002536646
  6. ^ 高橋元次、皮膚の機能・特性と物理計測 表面科学 Vol.35 (2014) No.1 p.4-10, doi:10.1380/jsssj.35.4
  7. ^ Pubmed検索
  8. ^ ALL ABOUT 健康と医療
  9. ^ Dietary Supplementation with Specific Collagen Peptides Has a Body Mass Index-Dependent Beneficial Effect on Cellulite Morphology. Schunck et al.:J Med Food., 18(12), 1340-1348 (2015), doi:10.1089/jmf.2015.0022
  10. ^ 屋敷(土肥)圭子、木曽昭典、周艶陽 ほか、オウレン抽出物とその主成分ベルベリンがヒト皮下由来脂肪細胞に及ぼす分化誘導抑制作用および脂肪分解促進作用 日本化粧品技術者会誌 Vol.43 (2009) No.4 P.274-280, doi:10.5107/sccj.43.274


「セルライト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セルライト」の関連用語

セルライトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

六角川

エスティマハイブリッド

ニシキエビ

広島ラーメン

ツツイシミノウミウシの仲間1

KTR700型

高度道路交通システム

水源の森 木谷山





セルライトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2017 Takasu Clinic all right reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2017 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセルライト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS