セリカとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > セリカの意味・解説 

セリカ

英語 Celica

天の天空の、神のという意味のスペイン語未来を先取りしたスペシャリティカーにふさわしいネーミングで、宇宙イメージクルマイメージ結合した。1970年10月産声上げた。セダンクーペハードトップのいずれにも該当しないクルマだった。

初代日本スペシャリティカーとしてはパイオニアといえるクルマで、販売システム最大特徴があった。購入者好みタイプディーラー店頭コンピューターインプットすると、オンライントヨタ自販(当時)の大型コンピューターつながり早い納期を可能とした。グレードETLTSTGT4タイプあった。価格57万円100万円。

71年11月、1.4L車に5速ミッション追加翌年8月最初マイナーチェンジでは、全高を10mm下げ、ハードサスペンションを組み込んだ1600GTVというモデル設定した。73年4月サスペンションプロペラシャフト強化した2Lモデル加え同時にリヤに大きなハッチゲートを備えリフトバックをバリエーションアップ、大人気となった。具体的には従来型に比べフロントオーバーハングを70mm延長リヤオーバーハングを20mm縮小し、全幅を20mm広げた、スポーツスペシャリティ。従来型はクーペと呼ぶようになった

74年1月、LB2000にEFIモデル設定装備面ではサイドヒンジ式ワイパー採用した。75年10月昭和50年排ガス対策によるエンジンルーム拡大で、ホイールベースを70mm延長、フロントトレッドも50mm広がった。

2代目となったのは77年8月高品質高性能テーマ揚げ大きく変身した。北米デザイン拠点CALTY提案スタイリングで、空力特性考慮したモデルだった。クーペリフトバック2種ボディがあり、エンジンOHVの1.6Lと、DOHCの1.6L、1.8L、2Lがあった。6年8か月ぶりのモデルチェンジだった。78年3月LB日本初サンルーフメーカーオプション設定したことで注目集めた。4月、2000/2600XXを設定。ハイグレードモデルで、パワーウインドウやリモコンドアミラーを標準装備ノーズ若干延びた。9月には、GTVモデル廃止し、2000GTラリー新設80年8月にはXX2600が2800に、つまり直6・2.8Lの5M-EU型エンジン変わった

3代目81年7月登場した。それまでは主要コンポーネンツカリーナと共通だったが、この時から単独車種として生まれ変わったXX(78年4月登場)、リフトバッククーペ基本3車型従来どおりだが、XX個性出しモデルとなった。ライスアップヘッドランプも特徴のひとつだった。83年8月マイナーチェンジではエンジン関係に変更があった。1.6Lが2T-GEU型から4バルブの4A-GEU型に、2LターボのM-TEU型に水冷式インタークーラー追加。2Lの1G-EU型にマイコン制御システムTCCSを投入した。ボディではLBクーペグリルヘッドランプデザイン一新した。XXに関してボディ変更はなく、85年1月に、エンジン性能の向上策施した。それも燃料噴射量精密制御や、エンジン総合制御システム充実などが主力だった。

85年8月、4代目誕生全体的印象直線基調から流面形へ。駆動方式FRからFFへと方向を変えた。ボディ形式ハッチバックだけとなった。ただ、XXそのまま継続した。86年10月フルタイム4WD仕様の2000GT-Fourを追加87年10月コンバーチブル設定

5代目デビュー89年9月先代より丸み強調した形になった。エンジンシャシー改良型だが、2Lタイプ一本に絞った。しかし、世界初のアクティブコントロールサス、デュアルモード4WS、メカニカルセンシングSRSエアバッグ日本初トルセンLSDなど最新技術積極的に取り入れモデルでもあった。90年8月ワイドボディGT-Four・Aと、4人乗りコンバーチブルモデルを追加した。

93年10月登場の6代目は、全幅を1750mmとしたことで3ナンバー・サイズへ移行した。ホイールベーストレッドも広がった。丸形異形4灯ヘッドランプ最大特徴だった。エンジンは2Lが2タイプ。3S-FEと3S-GEだが、両方とも細部改良出力向上を図っていた。94年2月、スポーツモデルのGT-Four新型移行した。アルミエンジンフードパワーバルジリヤスポイラー標準装備エンジンインタークーラー付きターボ3S-GTE駆動方式フルタイム4WDミッションは5速MTという仕様だった。

94年9月に3世代目のコンバーチブル変わった国内生産ボディアメリカASC社の電動開閉ソフトトップが付いた。定員4人。エンジンは2Lツインカム3S-GEを積む。

95年8月、フロントバンパー、グリルテールランプなどのデザイン変更した。運転席エアバッグ一部車種を除いて標準装備96年1月にはコンバーチブルのフロントバンパー、ウィンカーランプなどを変えた。助手席SRSエアバッグ標準装備とした。97年12月、2Lの3S-GEエンジンVVT-i技術採用最高出力を180psから200psにアップ大型リヤスポイラーやアンダースポイラーなども装備した。

7代目は、99年9月デビューした。それまでの2Lターボ4WDモデル廃止エンジン自然吸気(NA)の新世代1.8L・145/190ps仕様2種整理駆動方式FF流麗なウエッジシェイプをもつ2ドアハッチバックスタイル特徴のひとつ。ホイールベースが65mm延びたものの、全長は100mm短縮全幅わずかに狭められた。ミッション5/6MTと4速スーパーECTが付く。6速にはスポーツステアシフトマチックも装備駆動方式FFだけで、4WD設定はない。ベーシックモデルSS-Iと、ちょっとホットSS-ⅡSS-Ⅱには6速MTスーパーストラットサスペンション搭載のスーパーストラットパッケージというモデルがあった。

2002年8月マイナーチェンジ行い、全車にディスチャージヘッドランプ装着したほか、フロントバンパー、リヤコンビネーションランプ、リヤライセンスガーニッシュなどの意匠変更した。またフロント、リヤサスペンションに新設計のリニアコントロールバルブ付きショックアブソーバー採用した(スーパーストラットパッケージは除く)。

セリカ

セリカ_2

セリカ_3

セリカ_4

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トヨタ・セリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/16 13:58 UTC 版)

(セリカ から転送)

セリカCelica )は、トヨタ自動車1970年から2006年まで製造・販売していたハードトップおよびクーペ型の乗用車。日本初のスペシャリティ・カーとして初代モデルは70年代に一世を風靡した。歴代モデルには斬新なデザインが採用され、北米や欧州にも輸出された。日本国内の取り扱い販売店はトヨタカローラ店




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この他、ドイツツーリングカー選手権に、シュニッツァーが製作したRA20ベースのセリカLBターボがGr.5クラス(シルエットフォーミュラ)へ出場した。後にトムスが輸入。日本国内レースで活躍した。

出典

  1. ^ 「NEW MODEL」、『CAR GRAPHIC』No. 261、1982年12月、 pp. 57。
  2. ^ 飯島, 俊行「THE STORY OF CELICA RALLY VERSION」、『ラリー & rally WORLD』VOL.1、1986年、 pp. 26 - 39。


「トヨタ・セリカ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

セリカに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セリカ」の関連用語

セリカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ムーヴ

サスペンションメンバー

ステアリングセンサー

スプリンター

デュエット

ペドラルベス

コンパーノ

マルチスポット溶接





セリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトヨタ・セリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS