セマルハコガメとは?

セマルハコガメ

名称: セマルハコガメ
ふりがな せまるはこがめ
種別 天然記念物
種別2:
都道府県 定め
市区町村 沖縄県
管理団体
指定年月日 1972.05.15(昭和47.05.15)
指定基準 動1
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: S47-5-187セマルハコガメ.txt: セマルハコガメは石垣島西表島台湾のみに産する陸生カメで、腹部の甲は中央部からやや前で上下動きこのため頭・尾・足は完全に甲の中に収められる。陸生カメ乱獲等により世界的減少し、その保存国際的課題となっているが、すでにわが国本州では化石としてしか産しておらず、学術上の価値は高い。

セマルハコガメ

セマルハコガメ
セマルハコガメ
セマルハコガメ
セマルハコガメ
名称
セマルハコガメ
飼育園館
上野動物園
生息地
日本西表島石垣島)、中国南部台湾分布森林やそのまわり湿地、池、沢などの周辺にすんでいます。
体の大きさ
甲らの長さ10~18cm
えさ
ミミズカタツムリ昆虫のほか、実やなどの植物も食べます。動物園では、果物レバーのほか、コオロギマウスの子どもなどの生きたえさもあたえます。
特徴
なにかに驚いたり危険を感じると、頭や足を甲らの中に引っ込め、腹側の甲らを折り曲げて箱のようにふたをした状態になって身を守ることから、ハコガメという名があります森林などにすむ陸生カメで、泳ぐことはできませんが、水たまりにつかっているのを好みます。夜や天気の悪いときの方が活発に動くようです好奇心強く、人にもすぐになれます。中国では食用とされることもあって数の減少が心配されています。日本にいるものは天然記念物指定されています。

セマルハコガメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/07 00:41 UTC 版)

セマルハコガメCuora flavomarginata)は、爬虫綱カメ目イシガメ科ハコガメ属に分類されるカメ。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2 ユーラシア・オセアニア・アフリカのミズガメ』、誠文堂新光社2005年、23、137-138頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、113、201頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay 安川雄一郎 「オカハコガメ属とヒラセガメ属の分類と生活史(前編)」『クリーパー』第22号、クリーパー社、2004年、8-16、40-42頁。
  4. ^ a b 安川雄一郎 「オカハコガメ属とヒラセガメ属の分類と生活史(後編)」『クリーパー』第23号、クリーパー社、2004年、8-10頁。


「セマルハコガメ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セマルハコガメ」の関連用語

セマルハコガメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

テングダイ

インカアジサシ

アカゲラ

バーバリーシープ

イリエワニ

エジプトリクガメ

オセロット

オオサンショウウオ





セマルハコガメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2017 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセマルハコガメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS