セノーテとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > セノーテの意味・解説 

セノーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/09 14:49 UTC 版)

セノーテ西: cenote) はユカタン半島の低平な石灰岩地帯に見られる陥没穴に地下水が溜まった天然の井戸、泉のこと。泉の下層には大規模な鍾乳洞が水没していることが知られている。水面下では決して形成されることのない鍾乳洞が見られるのは、次のように説明されている。氷期の海水準低下時に形成された長大な地下川型洞窟系が後氷期の海面上昇にともない、内陸部では地下水位が上昇することによって洞窟系全体が水没した。このような洞窟の天井の一部が崩落して陥没ドリーネが生じた結果、セノーテができた。


[ヘルプ]
  1. ^ 小西友七 他編『小学館ランダムハウス英和大辞典 第二版』1994年。ISBN 4-09-510101-6


「セノーテ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セノーテ」の関連用語

セノーテのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

いろいろな星座

内引出し

にぎり

小鴨川第三号堰堤

荻窪ラーメン

小杉 清

ドクダミ

クリーン





セノーテのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセノーテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS