セイルトレーニングとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > セイルトレーニングの意味・解説 

セイルトレーニング

歴史と沿革





セイルトレーニングは1930年前後から「帆船での航海通じて青少年人間的成長支援する海洋教育」として各地始まりました。日本国内では、1927年ボーイスカウト前身となる少年団日本連盟海洋部が、当時北海道大学所有していた中型帆船忍路(おしょろ)丸」を借り受けその後払い下げられた同船大規模改装経て「儀勇和爾(ぎゆうわに)丸」として復活させ、少年団員を中心に広く青少年教職員を乗せて行った帆走訓練日本でのセイルトレーニングの始まりであったともいわれています。

その後職業船員養成するための練習帆船日本丸」「海王丸」をはじめ、「進徳丸」「大成丸」など数々帆船建造されましたが、第二次世界大戦を境に日本戦後復興高度成長期時代入ります。そのため帆船は「時代遅れで無駄なもの」という経済一辺倒価値基準の中で、見向きもされない存在になってしまいました。

一方欧米でも1930年代から始まったセイルトレーニングが戦争によって一時中断されたものの、帆船による航海青少年教育としての価値が高く評価され、民間人中心になって立ち上げNPOなどの組織がセイルトレーニングを行い青少年教育一翼担い、セイルトレーニング文化築き上げてきました。(『セイルトレーニング』ジョン・ハミルトン著・大儀見薫訳・小学館発行より)

このような日本欧米のセイルトレーニングに対す認識ギャップを知り、危機感をいだいた大儀見薫氏は日本国内へのセイルトレーニング導入目指し1990年代初め経済界要人などに働きかけ奔走します。 1991年にはポーランド建造された帆船“ZEW(ゼフ)”を主に民間人寄附よって購入し、大がかりな改修施した後、帆船海星」として運航開始同年日本セイルトレーニング協会設立し、日本国内に初めてセイルトレーニングの概念持ち込むことになりました。

また、時期同じくして海洋教育海事思想普及に力を入れていた大阪市が、帆船あこがれ」を1993年建造1994年には地方公共団体として初めてセイルトレーニング事業スタートさせ、教育関係者中心に市民からの高い評価を受けました。その後も、国内唯一誰もが自由に体験できるセイルトレーニングとして事業継続しており、海洋教育教育効果普及発展させる存在として注目されています。


海洋教育としてのセイルトレーニング

セイルトレーニングは、帆船による航海通じて一人ひとりのトレーニー(参加者)が精神面で大きく成長できる海洋教育一つです。大自然という人間抗うことのできない環境のなかで、「動力は風の力のみであり、その風力最大限利用して走る帆船」「トレーニーを中心とした限られた乗員」「限られた航海日数時間」を最大限活かし、トレーニー・乗組員一丸となって「安全を最優先した予定通り航海」という一つ目標達成することによって、日常生活では決して得られない人間的成長実感できる自然体験学習プログラムです。


帆船の「風の力を活かして航海する」という特性活かすためには、時々刻々変化する自然環境変化を的確に読み取る観察力想像力、安全で確実な航海実現するために気象条件などに合わせた的確な判断下すリーダーシップが必要です。また、船長指揮下で全員それぞれの持ち場役割責任を果たすために恐怖心乗り越えマスト登りチームで重い帆を広げたり畳んだりという船上作業のなかから責任感自信芽生えていきます。さらに、仲間の置かれた状況思いやり陰に陽に仲間支えていく「思いやり」の気持ち自然に醸成されていくアウトワード・バウンド冒険訓練)として、海外ではセイルトレーニングの教育効果が高く評価されてきました。


実際航海では、数名のトレーニーによるチーム編成行い、風の力を活かして走るための展帆・畳帆作業ロープワークマスト上作業をはじめ航路設定した上で舵取り、安全確保のための見張り番などの操船のほか、食事当番船内清掃船具修繕作業など日常生活すべてがトレーニングプログラムであり、トレーニーが閉ざされた社会のなかでお互い意識の壁を乗り越え社会性高めていくことにつながっていきます。また、責任を担う船長指揮下で規律正しい生活を行うことから集団生活を行う上で規範意識水や食料など限られた積荷のなかで生活を送ることで倹約意識無意識働き下船後の日常社会生活を送る上で良い効果現れてきます。


しかし、日本国内ではその教育効果体験てはじめ実感できることから認知される機会少なくこれまでレジャー性の高いマリンスポーツとして理解されることが多く教育的効果の高い活動として普及する機会がほとんどありませんでしたそうした背景踏まえて近年教育効果が最も顕著現れる1520歳青少年体験による精神面での成長を、EQ心の知能指数)を用いて定量的測定して参加者確実に精神面での成長実感できる仕組みづくりを進めると同時に教育効果高めるためのトレーニングプログラムの体系化が図られつつあります






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

セイルトレーニングに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セイルトレーニング」の関連用語

セイルトレーニングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スカッシュ

ローンボウルス

ローンボウルス

アメリカンフットボール

ショートトラックスピードスケート

気球

キャンプ

新卓球





セイルトレーニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2017 Weblio RSS