スーパー台風とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > スーパー台風の意味・解説 

スーパー台風

読み方:スーパーたいふう
別名:スーパータイフーン

既存台風の強さ階級のどれよりも勢力大きい、きわめて強い台風。定義にもよるが、最大風速おおよそ毎秒70メートル前後かそれ以上の規模のものを指す。

いわゆる台風」の定義は、最大風速毎秒17.2メートル以上に発達した熱帯低気圧、である。最大風速による階級区分があり、「強い台風」「非常に強い台風」「猛烈な台風」の順に最大風速強くなる。スーパー台風は、猛烈な台風の定義にも当てはまらない強さを持つ台風であるといえる

過去日本直撃したスーパー台風としては、1959年発生した「伊勢湾台風」が知られている。最大風速毎秒75メートルで、全国5000名を超える死者行方不明者出している。

なお、台風規模には最大風速のほかに強風域範囲を示す区分があり、風速毎秒15メートル上の地域半径500キロメートル超える台風を「大型台風」、半径800キロメートル上のものを「超大型の台風」と呼ぶ。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スーパー台風に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スーパー台風」の関連用語

スーパー台風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

透水性レジンモルタルシステム工法

しめ鎚

F-15

オーバル

小笠原国立公園

ボールチップ

肩関節

ミラー





スーパー台風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS