スリップフォーム工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > スリップフォーム工法の意味・解説 

スリップフォーム工法

概要
 スリップフォーム工法とは、成型機鋼製型枠モールド)を取り付けモールド内にコンクリート投入しその内部締固め成型を行うと同時に成型機前進させることにより同一断面構造物連続的構築していくコンクリート連続打設工法です。
特徴
● 型枠設置撤去作業不要で、機械施工主体
  ため、大幅省力化省人化が図れます
● 施工速度速く作業時間短縮が図れるために工
  期の短縮が可能となります
● 工程省略化や作業時間短縮によりコストダウン
  可能となります
● センサーラインを基準として施工管理しているため、構
  造物施工精度の向上が図れます
■従たる性能
● 骨材飛散抵抗性
● 明色着色


スリップフォーム工法

スリップフォーム工法









スリップフォーム工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

スリップフォーム工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

骨材露出工法

路上表層再生工法

鋼床版補強用SFRC舗装

天然石ブロック舗装

型枠式カラー舗装

排水性トップコート工法

開粒度アスファルト混合物

砕石マスチックアスファルト舗装





スリップフォーム工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2017 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS