スベンスマルク効果とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スベンスマルク効果の意味・解説 

スベンスマルク効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/29 08:52 UTC 版)

スベンスマルク効果(スベンスマルクこうか)とは、宇宙空間から飛来する銀河宇宙線が地球のの形成を誘起しているという仮説である[1][2][3]。気候変動への影響についても仮説に留まっており[4]、主要な科学的報告において採用されておらず[5]、影響があったとしても、その影響量は最大でも観測されている気温上昇量の数パーセント程度だとする考証もある[6][7]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c Svensmark, Henrik; Friis-Christensen, Eigil (1997). "Variation of cosmic ray flux and global cloud coverage—a missing link in solar-climate relationships". Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics 59 (11): 1225–1232. doi:10.1016/S1364-6826(97)00001-1. 
  2. ^ Svensmark, Henrik (1998). "Influence of Cosmic Rays on Earth's Climate". Physical Review Letters 81 (22): 5027–5030. doi:10.1103/PhysRevLett.81.5027. 
  3. ^ ヘンリク・スベンスマルク、ナイジェル・コールター 『“不機嫌な”太陽―気候変動のもうひとつのシナリオ』 桜井邦朋(監修)、青山洋(訳)、恒星社厚生閣、2010年ISBN 978-4769912132
  4. ^ a b Svensmark, J.; Enghoff, M. B.; Svensmark, H. (2012). "Effects of cosmic ray decreases on cloud microphysics". Atmospheric Chemistry and Physics Discussions 12: 3595–3617. 
  5. ^ a b Working Group I: The Physical Science Basis (2007年). “2.7.1.3 Indirect Effects of Solar Variability”. IPCC Fourth Assessment Report: Climate Change 2007. Intergovernmental Panel on Climate Change. 2012年6月28日閲覧。
  6. ^ a b c Erlykin, A. D.; Wolfendale, A. W. (2011). "Cosmic ray effects on cloud cover and their relevance to climate change". Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics 73 (13): 1681–1686. doi:10.1016/j.jastp.2011.03.001. 
  7. ^ a b c Sloan, T.; Wolfendale, A. W. (2011). "The contribution of cosmic rays to global warming". Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics 73 (16): 2352–2355. doi:10.1016/j.jastp.2011.07.013. 
  8. ^ Cosmics Leaving OUtdoor Droplets (CLOUD)”. European Organization for Nuclear Research (CERN). 2012年6月27日閲覧。
  9. ^ Svensmark, Henrik (2007). "Cosmoclimatology: a new theory emerges". Astronomy & Geophysics 48 (1): 1.18–1.24. doi:10.1111/j.1468-4004.2007.48118.x. 
  10. ^ Kirkby, Jasper et al. (63 authors) (2011). "Role of sulphuric acid, ammonia and galactic cosmic rays in atmospheric aerosol nucleation". Nature 476: 429–433. doi:http://dx.doi.org/10.1038/nature10343 Check |doi= value (help). 
  11. ^ Working Group I: The Scientific Basis (2003年). “6.11.2.2 Cosmic rays and clouds”. IPCC Third Assessment Report - Climate Change 2001. Intergovernmental Panel on Climate Change. 2012年6月28日閲覧。
  12. ^ 高橋潔. “IPCC報告書とは?”. 「ココが知りたい温暖化」のIPCCに関するQ&A. 国立環境研究所 地球環境研究センター. 2012年6月28日閲覧。
  13. ^ a b IPCCの役割とIPCCの評価プロセスの主要な要素 (PDF)”. 環境省 (2010年2月4日). 2012年6月28日閲覧。
  14. ^ Working Group I: The Physical Science Basis (2007年). “Understanding and Attributing Climate Change”. IPCC Fourth Assessment Report: Climate Change 2007. Intergovernmental Panel on Climate Change. 2012年6月28日閲覧。(注:very likelyは、確率90%以上を表す。IPCC第4次評価報告書#使われている表記を参照のこと)
  15. ^ a b Kristjánsson, J. E.; Stjern, C. W.; Stordal, F.; Fjæraa, A. M.; Myhre, G.; Jónasson, K. (2008). "Cosmic rays, cloud condensation nuclei and clouds – a reassessment using MODIS data". Atmospheric Chemistry and Physics 8: 7373–7387. doi:10.5194/acp-8-7373-2008. 
  16. ^ Black, Richard (2008年4月18日). “More doubt on cosmic climate link”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7352667.stm 2012年6月28日閲覧。 (解説記事:原論文はクリスチャンセンらのものを参照)
  17. ^ Calogovic, J.; Albert, C.; Arnold, F.; Beer, J.; Desorgher, L.; Flueckiger, E. O. (2010). "Sudden cosmic ray decreases: No change of global cloud cover". Geophysical Research Letters 37: L03802. doi:10.1029/2009GL041327. 
  18. ^ Pierce, J. R.; Adams, P. J. (2009). "Can cosmic rays affect cloud condensation nuclei by altering new particle formation rates?". Geophysical Research Letters 37: L09820. doi:10.1029/2009GL037946. 


「スベンスマルク効果」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スベンスマルク効果」の関連用語

スベンスマルク効果のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

新井手用水

ファウストボール

男池湧水群

あかしあ

松月

下顎骨

ニューかめりあ

ニシキリュウグウウミウシ





スベンスマルク効果のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスベンスマルク効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS