スパイクとは?

スパイク [2][0] 【spike】

( 名 ) スル
スパイク-シューズ金具相手を傷つけること。 「滑り込んできた走者に-された」

スパイク

スピーカー全体を床から浮かせるための先端の尖った小さな足のこと。キャビネット下面に装着する。支点が明確になるため、設置が安定する。さらにキャビネットの振動をフリーにできるため、より豊かな響きが得られる効果がある。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 細谷信二)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


【スパイク】(すぱいく)

Spike.

  1. 鋭い突起を持つ物体、または突起そのものいわゆる「くさび状」の形状をしているもの。
    一般的には、や釘など「何かに刺し保持するための器具」を指し刃物弾丸は含まれない。
    靴やタイヤに使う滑り止めとしての短いスパイクを指す事もある。

    軍事においても一般的に建物コード類などを固定する釘や、障害システム支えるためのを指す事が多い。

    変わった所では、車両待ち伏せする際に道路の幅全体にスパイクを敷き詰める事がある
    走行中の車両がここを通過すれば全てのタイヤ同時にパンクし、横転スリップなどの危険を避けつつ車両停止させて人質救出誘拐を行える、という寸法である。

    歴史を見る場合、おそらく軍用のスパイクとして最も有名なのは、突き刺し人間殺傷する武器だと思われる
    火器発明されるまで、戦争における殺傷能力基本は鋭い矢尻穂先などといったスパイク類であった。
    これは「鋭い先端突き刺す」という行為が、人間筋力をもっとも効率的マンストッピングパワー変換できる動作であった事と関係する。

    刃物切り裂く場合血管筋肉を正確に切り裂く技術時間的余裕要する上、頑丈な鎧を貫通する能力期待できない
    このため刀剣類はもっぱら無抵抗相手非武装相手始末するために、またはや弓などを持ち込めない屋内で戦うために用いられてきた。

    一方でスパイク状の鋭利先端であれば素人が使っても突いて胴体当てさえすれば重傷になり、鎧を貫く事も容易である。
    扱いの単純さのため重量の許す限り大型化でき、密集隊形長大を携えて待ち伏せ突き刺したり殴り倒すと同時に自体即席の壁として利用する事も多かった(いわゆる"槍衾")。

    同様の理由から、障害物落とし穴にスパイクを仕掛け乗り越えようとした者に突き刺さるようにしておく事も多い。
    人間静止した器物衝突しても滅多に致命傷にはならないが、衝突先が鋭利先端を持っていれば話は別である。
    スパイクに体重をかければ皮膚は容易に突き破られ、筋肉血管を傷つけられた人間事実上行動の自由を失ってしまう。

    また、艦載砲発展以前艦艇では「衝角ラム)」と呼ばれるスパイクが船首設けられ、白兵戦先んじて船ごとの体当たり敵船に穴を開け沈没させる戦法が取られることがあった。

  2. レーダースパイク(RADAR spike)の略。
    敵からミサイル誘導レーダー波の照射を受け、ロックオンされたことを示す符丁
    由来は、理科分野で「スパイク」という言葉が「ひときわ大きな振幅を持つパルス検知した」という意味を持っていることにある。
    平時においては重大な国際問題になりうる。

    関連レーダー警戒受信機

  3. イスラエルRafael Advanced Defense Systems社で開発された対戦車ミサイル
    第三世代対戦車ミサイルで、ミランドラゴン後継として開発された。

    ミサイル本体三脚付き発射台射撃管制システム構成される。
    撃ちっ放し能力持ち誘導方式赤外線画像シーカーによる赤外線誘導を持つ。
    弾頭タンデムHEAT採用している。
    歩兵による携行の他、装甲車ヘリコプター発射機を搭載することが出来スペイン陸軍ではティーガー攻撃ヘリコプター搭載している。

    各種派生型開発されている。

    【スペックデータ】
    全長167cm
    砲身内径17cm
    弾体直径17cm
    重量スパイク-ERヘリコプター搭載時):
    34kg(ミサイル本体キャニスター
    55kg(ランチャー
    187kg(ランチャーミサイル4発)

    スパイク-MR/ER(地上発射時):
    13.3kg(ミサイル本体
    5kg(発射制御装置
    3kg(三脚
    1kg(バッテリー
    4kg(赤外線照準機)
    推進方式固体燃料ロケットモーター
    発射速度発射準備30秒、再装填15
    最大射程800m(スパイク-SR)/2,500m(-MR)/4,000m(-LR)/8,000m(-ER)/25,000m(-NLOS)
    照準装置光学照準機(倍率10x)
    弾頭タンデムHEAT弾頭
    信管着発信管
    誘導方式赤外線誘導(CCD/赤外線画像IIR併用シーカー

    派生型
    スパイク-SR射程200800mの短射程型。
    スパイク-MR射程200~2,500mの中射程型。射撃管制装置バッテリー、サーマルサイトは他のスパイク派生型でも用いることが可能。
    スパイク-LR最大射程4,000mの長射程型。歩兵軽装車両使用する。
    通信用の光ファイバーケーブル追加されている。装甲貫徹能力はRHA換算で700mm。
    スパイク-ER最大射程8,000mの超長射程型。かつては NT-Dandy あるいはNT-Dとして知られていた。
    通常装甲車ヘリコプターなどに搭載して使用する。
    フィンランド軍沿岸防備旅団では対舟艇ミサイルとしても使用されている。
    装甲貫徹能力はRHA換算で1,000mm。
    スパイク NLOS:最大射程は25kmといわれている超々長射程型。


スパイク


スパイク

分子式C9H16N4OS
その他の名称:スパイク、ペルフラン、テブチウロンSPIKESpike、EL-103、Perflan、Tebuthiuron、プレフラン、Spike-80W、Graslan、Preflan、E-103、スパイク-80W、グラスラン1-(5-tert-Butyl-1,3,4-thiadiazol-2-yl)-1,3-dimethylurea
体系名:1-(5-tert-ブチル-1,3,4-チアジアゾール-2-イル)-1,3-ジメチル尿素


スパイク

名前 Spike

スパイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/12 14:20 UTC 版)

スパイク (spike) は、英語大釘や、とがったものを示す語。




「スパイク」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

スパイクに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スパイク」の関連用語

スパイクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

F-22

ミニクリプトンレフレクタ球

アイアン

サイドバイサイド

ジガー

水雷球クリア

Ka-60

Perimeter Design





スパイクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2016 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
大光電機大光電機
Copylight 2016.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスパイク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS