ストレス_(生体)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ストレス_(生体)の意味・解説 

ストレス (生体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 13:36 UTC 版)

ストレス:Stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である[1]オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味するDistressが短くなった単語とされる[1]。ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる[2]。この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。様々なストレス管理の方法がある。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, pp. 15-16.
  2. ^ a b c ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, pp. 25-26.
  3. ^ a b c Keller, Abiola; Litzelman, Kristin; Wisk, Lauren E.; Maddox, Torsheika; Cheng, Erika Rose; Creswell, Paul D.; Witt, Whitney P. (2012). “Does the perception that stress affects health matter? The association with health and mortality.”. Health Psychology 31 (5): 677–684. doi:10.1037/a0026743. PMC 3374921. PMID 22201278. http://content.apa.org/journals/hea/31/5/677. 
  4. ^ a b c d e f g 久保田正春 「セリエ『現代社会とストレス』」『精神医学文献事典』 弘文堂、2003年、251頁。ISBN 978-4-335-65107-6
  5. ^ 山脇成人「うつ病の脳科学的研究:最近の話題」『第129回日本医学会シンポジウム記録集うつ病』2005年6月16日発行、6-14頁。pp8-9参照
  6. ^ ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, pp. 177-178.
  7. ^ ブルース・マキューアン、エリザベス・ノートン・ラズリー 2004, p. 167.
  8. ^ Kelly McGonigal How to make stress your friend「ストレスと上手につきあう方法」(NHKスーパープレゼンテーション)
  9. ^ ケリー・マクゴニガル:ストレスと友達になる方法の講演映像 - TEDカンファレンス、2013、14分25秒。
  10. ^ Brian G Dias & Kerry J Ressler. Parental olfactory experience influences behavior and neural structure in subsequent generations. Nature Neuroscience 17, 89–96 (2014).


「ストレス (生体)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ストレス_(生体)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ストレス_(生体)」の関連用語

ストレス_(生体)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオヒキガエル

ヌベール ホソアカクワガタ

二輪の自動車以外の自動車通行止め

ハダカホンヤドカリ

霧島屋久国立公園

仕切

VOX

スター





ストレス_(生体)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストレス (生体) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS