スティル・クレイジーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > スティル・クレイジーの意味・解説 

スティル・クレイジー

原題:Still Crazy
製作国:イギリス
製作年:1998
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
スタッフ
監督:Brian Gibson ブライアン・ギブソン
製作:Amanda Marmot アマンダ・マーモット
脚本:Dick Clement ディック・クレメント

Ian La Frenais イアン・ラ・フレネ
撮影:Ashley Rowe アシュリー・ロウ
音楽:Clive Langer クライブ・ランガー
美術:Max Gottlieb マックス・ゴッドリーブ
編集:Peter Boyle ピーター・ボイル
衣装(デザイン):Caroline Harris キャロライン・ハリス
EP:Dick Clement ディック・クレメント

Ian La Frenais イアン・ラ・フレネ
字幕:石田泰子 イシダヤスコ
キャスト(役名
Stephen Rea スティーヴン・レイ (Tony Costello
Billy Connolly ビリー・コノリー (Hughie
Jimmy Nail ジミー・ネイル (Les Wickes
Timothy Spall ティモシー・スポール (David ‘Beano’ Baggot
Bill Nighy ビル・ナイ (Ray Simms
Juliet Aubrey ジュリエット・オーブリー (Karen Knowles
解説
中年差しかかった伝説B級ロック・バンドメンバー再起するまでを描く音楽ドラマ監督は「陪審員」のブライアン・ギブソン脚本・製作は「コミットメンツ」のディック・クレメントイアン・ラ・フレネ音楽クライブ・ランガー出演は「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイ、「Queen Victria 至上の恋」のビリー・コノリーほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1977年伝説のウィズベック・コンサートで、ロックバンド、ストレンジ・フルーツは解散した。それから20年キーボード奏者だったトニースティーヴン・レイ)は、ウィズベックのプロモーターだった男の息子再結成持ちけられるトニーマネージャーだったカレンジュリエット・オーブリーと共に昔の仲間であるベースレスジミー・ネイル)、ドラマービーニーティモシー・スポール)、ボーカルレイビル・ナイ)が集めたが、ギタリストブライアンは死んだという噂。ローディーヒューイビリー・コノリー)も加わり、再結成をかけてヨーロッパツアーに出るが、結局ケンカ別れしてしまう。そんな矢先カレンブライアン生きていることを知る。ウィズベック20周年コンサート参加するメンバー精神を病んでいたブライアン出場拒否。が、歌えなくなったレイ見てステージ上がり、ここにストレンジ・フルーツは見事に復活した。

スティル・クレイジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/16 13:15 UTC 版)

スティル・クレイジー(Still Crazy)は1998年制作のイギリス映画。1970年代に活躍した架空のロックバンド、"ストレンジ・フルーツ"の20年後の復活を描く音楽コメディ。




「スティル・クレイジー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スティル・クレイジー」の関連用語

スティル・クレイジーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

さつま揚げ

富岡海水浴場

タイワンガザミ

docomo STYLE series P-02B

阿武隈川

VRSCDX ANV

御岳組

シャンデリア





スティル・クレイジーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスティル・クレイジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS