スイギュウとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > スイギュウ > スイギュウの意味・解説 

スイギュウ(家畜種)

スイギュウ
スイギュウ
スイギュウ
スイギュウ
名称
スイギュウ(家畜種)
飼育園館
多摩動物公園
生息地
ネパールインドベンガルアッサム地方)、ミャンマーなどの大きな川や沼の近く
体の大きさ
体長2.5~3m体高1.5~1.8m、体重0.8~1t
えさ
青草(牧乾草)、草食獣ペレット
特徴
ウシ科のなかで最大の種で、おおぜい群れをつくってくらしています。日中寝たり反芻はんすう)をしたりして休んでいて、早朝夕方にえさを求めて活動します。昆虫による皮ふへの害を防ぐため、泥のなかでころげまわって全身に泥をすりつけたり、鼻だけを出し水中全身を沈めたりします。アジア各地では古くから飼育され、家畜化されています。

水牛

読み方:スイギュウ(suigyuu)

ウシ科哺乳動物

学名 Bubalus bubalis


スイギュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 06:58 UTC 版)

スイギュウ(水牛、Bubalus arnee)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科アジアスイギュウ属に分類される偶蹄類。


[ヘルプ]
  1. ^ 家畜個体を除く
  1. ^ a b c d e f 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、107、112頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、46、155頁。
  3. ^ a b 本間秀彌 『水牛の飼料消化生理を特色づける水浴習性』 筑波大学農林技術センター研究報告 (17), 1-9, 2004-03, NAID 120000841175
  4. ^ H.P.S. Kochhar, et.al. "In vitro production of cattle-water buffalo (Bos taurus - Bubalus bubalis) hybrid embryos" Zygote,Vol.10, Issue 2, pp.155-162, DOI (2002)
  5. ^ “牛肉輸出量、世界一に懸念も…その意外な国とは”. 読売新聞. (2013年1月5日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130105-OYT1T01184.htm 
  6. ^ 森本達雄 『ヒンドゥー教』 中公新書
  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Hedges, S., Sagar Baral, H., Timmins, R.J. & Duckworth, J.W. 2008. Bubalus arnee. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.


「スイギュウ」の続きの解説一覧





スイギュウと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スイギュウ」の関連用語

スイギュウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブルーデビル

モズ

モウコノウマ

ハタネズミ

ソデグロヅル

ミナミシロサイ

ホウシャガメ

アミメキリン





スイギュウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2017 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスイギュウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS