ジンフィズとは?

ジン フィズ [3] 【gin fizz】

カクテルの一。ジンレモン水砂糖・炭などを混ぜたもの。

ジンフィズ

ジンフィズ ジンフィズ
 レシピ
ジンフィズ
■  ビーフィーター
(BEEFEATER GIN)
45ml
ジンフィズ
ジンフィズ
ジンフィズ
■  LEMON JUICESUNTORY COCKTAIL LEMON
レモンジュースサントリー カクテルレモン)
20ml
ジンフィズ
ジンフィズ
ジンフィズ
■  砂糖 2tsp
ジンフィズ
ジンフィズ
ジンフィズ
■  ソーダ 適量
ジンフィズ
ジンフィズ
ジンフィズ

 作り方
ジンフィズ
1) ソーダ以外の材料シェークし、タンブラーに注ぐ。
2) 氷を加えソーダで満たし、軽くステアする。

※レシピの分量表記について
ジンフィズ
カクテルタイプ:ロング
グラスタンブラー
テイスト:中甘辛
色:透明
アルコール度数:普通
製法シェーク

ワンポイント
ジンフィズ
ジンソーダ加えた爽やかなカクテル1888年アメリカ南部ニューオリンズ人気サロン「インペリアル・キャビネット・サロン」のオーナー、ヘンリー・ラモス氏がレモン・スカッシュジンを入れたのが始まりだといわれている。“フィズ”はジンなどのスピリッツレモンジュース砂糖加えてシェークし、タンブラーに注いでソーダ加えるのが基本的処方。“フィズ”という名前は、ソーダ炭酸ガスはじける“シュッ!”という音からつけられたといわれている。

ビーフィータージン」は、1820年以来、変わらぬレシピ守り続けているビーフィーター社の製品英国王室近衛兵ビーフィーターシンボルにもつこのロンドン・ドライ・ジンの代表は、いまなおロンドン蒸溜されている唯一のプレミアムジンでもある。

ベースブランデーにかえると「ブランデー・フィズ」、ラムにかえると「ラム・フィズ」になる。日本人気の高いリキュールベースでは、グリーンティリキュールを使った「グリーン・ティー・フィズ」などがある。

ジン・フィズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/03 07:24 UTC 版)

ジン・フィズ (Gin Fizz) は、ジンベースのカクテルの一種である。


  1. ^ 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p.59 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.68 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1
  3. ^ a b c 稲 保幸 『カクテル こだわりの178種』 新星出版 1998年7月15日発行 ISBN 4-405-09640-6
  4. ^ 片方 善治 『洋酒入門』 p.129 社会思想社 1959年12月15日発行


「ジン・フィズ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジンフィズ」の関連用語

ジンフィズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スプリング・バード

イタリアン・カイピリーニャ

デーニッシュ・メアリー

スカイ・マティーニ

アップル・ジンジャー

バッキーズ・ブローズ

ロイヤル・カルテット

パライソ・オレンジ





ジンフィズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2017 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジン・フィズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS