ジャロジー窓とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > ログハウス用語 > ジャロジー窓の意味・解説 

ジャロジー窓〈jalousie〉

平な羽板上下に並べ、その角度が変えられるジャロジー取り付けた窓のこと。羽板角度によって採光換気調節ができる。通常ガラス製の羽板を使った窓のことを指す。その構造上、大きな間口のものはできないので、幅の狭い縦長の窓に使用されることが多い。→窓

ジャロジー窓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/30 11:11 UTC 版)

ジャロジー窓ルーバー窓とも)とは、住宅などに使われる窓の一種で、細長い何枚ものガラス板やアクリル板などをブラインドのようにして構成されている。主に「あかり採り」の目的で住宅に採用されるが、このルーバー部の角度を変えることで外気を取り入れることができる。断熱性が非常に悪いため、主に温暖な地域で使われる。




「ジャロジー窓」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジャロジー窓」の関連用語

ジャロジー窓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ジャロジー窓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャロジー窓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS