ジャッカー電撃隊VSゴレンジャーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ジャッカー電撃隊VSゴレンジャーの意味・解説 

ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー

原題:
製作国:日本
製作年:1978
配給:東映
スタッフ
監督:田口勝彦 タグチカツヒコ
製作:吉川進 ヨシカワススム

七條敬三 ナナジョウケイゾウ
脚本:上原正三 ウエハラショウゾウ
撮影:原秀夫 ハラヒデオ
SFX:矢島特撮研究所 
編集:菅野順吉 
録音:太田克己 オオタカツミ
助監督:平山公夫 ヒラヤマキミオ
照明:戸塚和夫 トツカカズオ
キャスト(役名
丹波義隆 タンバヨシタカ (桜井五郎
伊藤平山 イトウ (東竜
ミッチー・ラブ  (カレン水木
風戸佑介  (大地文大)
宮内洋 ミヤウチヒロシ (番場壮吉)
田中浩 タナカヒロシ (鯨井長官
解説
突然、正体不明UFOが現われたため、ジャッカー出撃した。しかし、UFO追っている間に科学特捜隊燃料部隊が襲われ、ウラン盗まれてしまう。鉄の爪は盗んだウラン大量水爆作り世界中攻撃ようとしていた。ジャッカーとゴレンジャは共同戦線をはり、鉄の爪繰る四天王ロボ戦いをいどむのだった
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください

ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/19 09:42 UTC 版)

ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー』(ジャッカーでんげきたい ブイエス ゴレンジャー)は、1978年の春休み東映まんがまつりにて上映された劇場用オリジナル作品。封切は1978年3月18日。併映は『世界名作童話 おやゆび姫』『惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦』『キャンディ・キャンディ 春の呼び声』『一休さんとやんちゃ姫』の4本。




  1. ^ アオレンジャー(新命明)を演じていた宮内洋はジャッカーでもビッグワン(番場壮吉)として出演していたため、最終的にアオレンジャーは声のみの出演となった。
  2. ^ 『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』パンフレット
  3. ^ 二曲をつなぐメドレー風に作成。前者はささきいさおのセリフが入らない(後に「オリジナル・カラオケ」として商品化された)バージョンが使われている。
  4. ^ 『キカイダー』は本作と同じ渡辺宙明で、『V3』と『アマゾン』は菊池俊輔(OPではノンクレジット)。なお『キカイダー』アイキャッチBGMは、『ジャッカー』のTV本編でも使用されていた。
  5. ^ X文庫『メーキング・オブ・東映ヒーロー(3)メカニカルヒーローの世界』(講談社・1987年) p.100
  6. ^ 『ゴレンジャー』や『ジャッカー』のキャラクターが登場する『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』や『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』、『海賊戦隊ゴーカイジャー』等では原作者に加えられているが、基本的に八手三郎原作となっている。
  7. ^ 「DVD & VIDEO Selection」、『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ2003年5月1日、 88頁、 雑誌コード:01843-05。


「ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー」の関連用語

ジャッカー電撃隊VSゴレンジャーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

杉林孝法

コンドロ石

K004

フクロノリ

育成牛

3000形

ヘンリー

土田 正光





ジャッカー電撃隊VSゴレンジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャッカー電撃隊VSゴレンジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS