ジシアンジアミドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > アミン > ジシアンジアミドの意味・解説 

ジシアンジアミド

分子式C2H4N4
慣用名シアノグアニジン、ジシアンジアミド、Dicyandiamide、N-Cyanoguanidine、Dicyanodiamide、ジシアノジアミン、Param、パラム、3-Cyanoguanidine、1-Cyanoguanidine、Cyanoguanidine、N''-Cyanoguanidine、Amidinocyanamide、(Diaminomethylene)cyanamide、(Amidinoamino) cyanide、(Cyanoimino)methanediamine、ジシアノジアミド、2-Cyanoguanidine、Dicyanodiamine
体系名:2-シアノグアニジン、3-シアノグアニジン、N-シアノグアニジン、1-シアノグアニジン、N''-シアノグアニジン、アミジノシアナミド、(ジアミノメチレン)シアナミド、(アミジノアミノ)シアニド、(シアノイミノ)メタンジアミン


ジシアンジアミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/11 08:51 UTC 版)

ジシアンジアミド(Dicyandiamide,cyanoguanidine)とは(別名:DICY ダイサイ)とは示性式H2N-CNH-NH-CNで表されるシアナミドである。 無色斜方状晶または板状晶であり、融点以上に加熱するとアンモニアを発生してメラミン,メラムなどを生じる。 シアナミド誘導体、例えばグアニジン,ジシアンジアミジン,ジグアニド,メラミンなどの製造にかつて使われた。 単独でも農薬として使われることがある。 エポキシ樹脂の硬化剤として使用されることがあるが、単独では硬化温度が180℃以上と高く、硬化時の発熱も大きいためイミダゾールアダクト等三級アミンを触媒として併用される。 この場合シェルフライフが室温で3ヶ月以上となり一液性エポキシ(接着剤)として充分な保存条件を満たす。 一般的にエポキシ樹脂100に対して約12が化学等量であるが反応後の三級アミンが触媒となり3~12の配合比率であっても実用上充分な機能を持つ。




「ジシアンジアミド」の続きの解説一覧





ジシアンジアミドと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジシアンジアミド」の関連用語

ジシアンジアミドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ジシアンジアミドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジシアンジアミド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS