ジェームス・S・ヴォスとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ジェームス・S・ヴォスの意味・解説 

ジェームス・S・ヴォス

分類:宇宙飛行士


名前:ジェームス・S・ヴォス(James S. Voss)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1949年3月3日(アラバマ州コルドバ)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画 (STS-44/アトランティス号)(STS-53/ディスカバリー号)(STS-69/エンデバー号)(STS-101/アトランティス号)(STS-102/ディスカバリー号)
国際宇宙ステーション計画(第2次滞在クルー)

ヴォス高校卒業後、1972年オーバーン大学航空宇宙工学部を卒業し、1974年コロラド大学航空宇宙工学科学の修士号取得しています。その後ドイツ軍隊経験を積み、帰国して陸軍士官学校教官となりました。海軍テストパイロット学校修了後は、陸軍航空工学飛行活動従事し、1984年よりNASAジョンソンスペースセンター(JSC)に勤務1988年宇宙飛行士となっています。5回の飛行経験を持つベテランで、現在宇宙ステーションミッション運営事務局管理宇宙飛行士をしています。

1.同じロケット衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-44ではF.グレゴリー、T.ヘンリクスF.マスグレイブ、M.ランコ、T.ヘネンSTS-53ではD.ウォーカーR.カバナG.ブラフォード、M.クリフォードと、STS-69ではD.ウォーカーK.コックレル、J.ニューマン、M.ガーンハートと、STS-101ではJ.ハルセル、S.ホロウィッツ、M.ウェーバー、J.ウィリアムス、S.ヘルムズ、Y.ウサチェフと、STS-102では前回同乗したS.ヘルムズ、Y.ウサチェフ加え、J.ウェザビー、J.ケリー、A.トーマス、P.リチャーズ同乗しました。

2.宇宙どのようなことを行いどのようなことに成功しているの?
STS-44ではミサイル早期警戒衛星(DSP)の放出および軍事演習実験が、STS-53では国防総省機密貨物「DOD-1」の放出軍事演習実験が行われました。STS-69ではペイロードコマンダーを務め太陽コロナ観測衛星スパルタン」と超々高真空実験装置(WSF)の放出回収成功したほか、多く付随ペイロード搭載され、医療実験が行われました。STS-101では多く国際宇宙ステーション(ISS)建設用機材備品運搬設置が行われ、ヴォス2度目の船外活動(EVA)を行っています。STS-102では第2次ISS滞在クルーとして搭乗し、カナダアーム2(カナダロボットアーム)を初め操作したほか、組立作業科学実験等を行いました。

3.どれくらい時間宇宙飛んでいるの?
5回の飛行と第2次ISS滞在クルーとして、合計201日の宇宙滞在行いました。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジェームス・S・ヴォス」の関連用語

ジェームス・S・ヴォスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

小惑星

STS-61-A

たんせい

ロケットの慣性航法

レインジャー

はちぶんぎ座

インド宇宙研究機関

NGC7089





ジェームス・S・ヴォスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency

©2017 Weblio RSS