ジェリー・ヤンとは?

ジェリー・ヤン

【英】Jerry Yang

ジェリー・ヤンとは、デビッド・ファイロと共に世界的に有名なポータルサイトであるYahoo!創業した人物である。1968年11月6日台湾台北市生まれた。本名Jerry Chih-Yuan Yang楊致遠

1977年、彼が10歳の時に家族とともにアメリカに渡った。大学スタンフォード大学電子工学科入学京都スタンフォード大学日本センターがあり、大学院時代に、ヤンファイロ1年間京都暮らしていた。 ヤンはこの時期日系二世女性知り合い、後に結婚している。

1994年博士課程在籍中にインターネットディレクトリ・サービス大学友人デビッド・ファイロ氏と始めた。初め自分たちでよく使うURLリンク集のようなものをつくっていたのがきっかけであった。彼らはその後、セコイヤ・キャピタルというベンチャー・キャピタルから資金運営ノウハウを提供されて、1995年4月にヤフー・コーポレーションとして正式に事業化された。

ジェリー・ヤン
※画像提供 / Yahoo! Inc.

ヤフー創業からわずか1年後ナスダック株式公開を果たし、たちまち創業者二人とも1億ドル上の資産家となった。また、創業間もない時期から、ソフトバンク提携し、1996年1月には日本法人ヤフー株式会社設立4月から日本語サービススタートさせている。なお、2005年3月現在で、ジェリー・ヤンはYahoo! Japan取締役兼任している。


ジェリー・ヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/23 08:43 UTC 版)

ジェリー・ヤン楊致遠Jerry Chih-Yuan Yang, 1968年11月6日 - )は、アメリカ合衆国実業家Yahoo!共同創業者。元最高経営責任者(CEO)、取締役、Chief Yahoo!を歴任した。


[ヘルプ]
  1. ^ Yahoo boss steps down from post” (英語). BBCニュース (2007年6月19日). 2007年6月22日閲覧。
  2. ^ ヤフーのMSへの売却話、再燃か MS嫌いのトップ交代で” (日本語). 47NEWS (2008年11月18日). 2012年1月21日閲覧。
  3. ^ 米ヤフー、ジェリー・ヤン氏がCEOを辞任” (日本語). Itpro (2008年11月18日). 2008年11月18日閲覧。
  4. ^ Shwartz, Mark (2007年2月15日). “Alumni couple Yang and Yamazaki pledge $75 million to the university” (英語). Stanford News. 2007年6月22日閲覧。
  5. ^ Dugan, Nicki (2007年5月1日). “Will wrestle for climate change” (英語). Yodel Anecdotal. 2007年6月22日閲覧。


「ジェリー・ヤン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジェリー・ヤン」の関連用語

ジェリー・ヤンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジョン・アタナソフ

ビントン・サーフ

エッカード・ファイファー

デビッド・ファイロ

トーマス・エジソン

ピーター・ノートン

グラハム・ベル

テリー・ウィノグラード





ジェリー・ヤンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリジェリー・ヤンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェリー・ヤン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS