ジェミニ12号とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ジェミニ12号の意味・解説 

ジェミニ12号

分類:宇宙飛行


名称:ジェミニ12号(Gemini 12)
小分類:ジェミニ計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1966年11月11日
帰還年月日:1966年11月15日
打ち上げロケット:タイタンII
宇宙飛行士:ジェームズ・A・ラベル/エドウィン・E・オルドリン
飛行時間:94時間35
国際標識番号:1966104A

ジェミニ12号はジェミニ計画最後に打ち上げられた有人宇宙船です。ジェミニ12号では人工衛星アジェナとのランデブードッキング、そして船外活動が行われました。
船外活動は、ジェミニ9-A号から始まってジェミニ10号ジェミニ11号宇宙飛行士たちを悩ませてきた問題でした。なめらかな船体はすべりやすく、手でつかまるところがなくて、困難な作業だったからです。
そこで、ジェミニ12号のエドウィン・オルドリン宇宙飛行士は、船体につかまるためのさまざまな道具用意していきました。オルドリン自身思いついた道具で、足止めスリッパ携帯用の手すりなどです。彼はそれらを使い、困難だった船外活動楽々行なうことに成功したのでした。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
ジェミニ宇宙船搭乗カプセル機械船から構成され、円錐形をしています。機械船は電力酸素などをカプセル供給する役目のもので、実験装置収める場所でもありました。2つをあわせた全長は5.6m、最大直径3.1m、重量3.5tです。逆推エンジン姿勢制御エンジンがついていました。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
タイタンII大陸間弾道ミサイル改良した多段式ロケットで、全長33.2m、直径3.1m、重量185tです。

3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
打ち上げから約2分30秒後にタイタンIIの第1段が切り離され、地球周回軌道に入ると第2段が切り離されます。軌道上で人工衛星アジェナとのドッキング実験をすませたあと、地球戻りました。機械船が切り離され、搭乗カプセルだけで大気圏再突入しました。

4.宇宙飛行目的は?
人工衛星アジェナとのドッキング船外活動です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
人工衛星アジェナとのドッキング行ないました。また、エドウィン・オルドリン宇宙飛行士さまざまな道具を使って、宇宙での船外活動楽に行なうことに成功しました。

参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、野田昌宏編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)


ジェミニ12号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/20 04:00 UTC 版)

ジェミニ12号 (Gemini 12) はアメリカ合衆国有人宇宙飛行であるジェミニ計画で打ち上げられた宇宙船およびその宇宙飛行計画。ジェミニ宇宙船としては12番目のものであり、1966年11月11日に打ち上げられた。この12号をもって、ジェミニ計画は終了となり、後継の月飛行を目指すアポロ計画が開始される。






「ジェミニ12号」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジェミニ12号」の関連用語

ジェミニ12号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マーキュリー計画

キャサリン・D・サリバン

アポロ11号

アトランティス号

いっかくじゅう座

STS-85

つばさ

プロトン





ジェミニ12号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェミニ12号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS