シンクライアントとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > コンピュータ > ハードウェア > 出力機器 > シンクライアントの意味・解説 

シンクライアント

シンクライアント シンクライアントとは、ユーザークライアント)が操作するパソコンには入力表示など必要最小限機能しか持たせずパソコンネットワークでつながれたサーバ情報処理実行し、ユーザーパソコン画像情報などを送信する情報処理環境のことをいいます。シンクライアントのシンは、thinの「薄い」や「細い」を意味します。デスクトップを含めユーザー使用する情報処理環境サーバ保存しておくため、サーバアクセスできる環境さえあれば、ユーザーはどこにいても職場と同じような作業環境再現できることになります。
 システム的には「ネット上に保存されたデータなどにアクセスして様々な作業をこなす」クラウド・コンピューティングというサービスに似ています。クラウド場合一般パソコンスマートフォンなどの端末サーバアクセスしますが、シンクライアントでは前述のように機能を絞った専用端末を使うことが多いようですまた、サーバ側をクラウド端末をシンクライアントとする見方あります。ただ、いずれも本格的サービスが始まったばかりで、きちんとした定義がなされているわけではありません。
 日本でも新型インフルエンザ流行期に入り従業員自宅待機などにより業務停滞するのを防ぐ手段として注目集めNEC日立富士通NTTコミュニケーションズなど情報通信業界からシンクライアント専用端末ミドルウェアなど各種サービス発売が相次いでいます。
 世の中でシンクライアントという用語が使われ始めたのは1996年のことです。オラクル社がNC(ネットワーク・コンピューター)という呼称新し端末コンセプトモデル発表したことが端緒になりました。当時パソコン機能が豊富で今より高価でしたから、その対抗製品として専用端末最小限機能絞り込み低価格前面打ち出すことで普及を図りました。ところが専用端末発表と相前後してパソコン価格急落、「安さ」のメリット相対的に薄れしまいました。
 しかし2004年頃から個人情報流出不正使用多発するようになり、多く社員使用するパソコン顧客データなど重要情報保存されている状態はセキュリティ対策の面から望ましくないとの考え方広がり始めました。こうして端末最小限情報しか持たせないシンクライアントが再び脚光を浴びるようになります。
 今年新型インフルエンザ流行により、新たな追い風が吹き始めました。企業社内感染拡大防止するため、感染した従業員感染した家族を持つ従業員自宅療養自宅待機させなければなりませんが、事前に対策を講じておかない業務停滞したり、設計部門責任者などが自宅待機余儀なくされた場合などは業務停止したりする恐れあります。シンクライアントは万が一従業員出社できない状態になっても、自宅いながらあたかも職場にいるような作業環境実現でき、不測の事態対処することを可能にします。
 自宅療養の期間は、感染判明してから7日もしくは解熱2日というところが多いようです。ただ企業なかには従業員本人だけでなく、その家族が感染した場合従業員自宅待機求めているところが少なくありません。家族次々と感染するケースでは、長期にわたり自宅待機余儀なくされます。
 シンクライアントが威力発揮するのは、新型インフルエンザが弱毒性から強毒性変異した時でしょう国内外タミフル耐性を持ったウィルス存在確認されています。企業従業員長期にわたり自宅待機する事態想定して対策を講じておく必要があります新型インフルエンザ流行を受け、緊急時事業継続計画BCP)を策定する企業が増えていますが、シンクライアントは強力な後ろ盾になりそうです
 ただし、シンクライアントを有効活用するには、企業従業員在宅勤務を命じてもよい条件を、労務規定などで、ある程度ルール化しておくべきでしょう。シンクライアントの作業環境整備されているからといって上司病気休暇特別休暇とってい部下在宅勤務をさせることは法令順守の面から好ましくありませんし、職場士気下げてしまうかもしれません。自宅待機と対応を分けて考える必要がありそうです

(掲載日:2009/10/25)

シンクライアント

【英】thin client

シンクライアントとは、ネットワークにおける端末のうち、クライアント自身ハードディスクを持たず、アプリケーションソフトサーバー側で起動するため、最低限入出力装置しか持っていないような端末のことである。または、そのような端末サーバー構成されたネットワーク構成を指すこともある。

シンクライアントは企業などにおいて導入される。データを各クライアント分散させず、サーバー一元管理するため、情報漏洩阻止抑止が図れるという利点がある。また、データアプリケーション手元に持たないため、クライアントのメンテナンスコストの軽減を図れるというメリットもある。

シンクライアントの実現方法としては、画面転送方式と、ネットワークブート方式2種類に大別することができる。さらに、画面転送方式にはサーバーベース方式ブレードPC方式仮想PC方式などがある。これらの方式は、アプリケーション共有仕方や、サーバークライアント間で転送される情報内容などがそれぞれ違なる。

ネットワークシステムのほかの用語一覧
コンピュータシステム:  SPB  サーバー  シリアライゼーション  シンクライアント  ダウン  VNC  VT100

シンクライアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/09 06:53 UTC 版)

シンクライアント (Thin client) とは、ユーザーが使うクライアント端末に必要最小限の処理をさせ、ほとんどの処理をサーバ側に集中させたシステムアーキテクチャ全般のことを言う(広義のシンクライアント)。または、そのようなシステムアーキテクチャで使われるように機能を絞り込んだ専用のクライアント端末のことを言う場合もある(狭義のシンクライアント)。狭義のシンクライアントにおいて、クライアント側に Windows、UNIX、Android などの一般的なGUI OSを使わないケースをゼロクライアント (Zero client) と呼ぶこともある。




「シンクライアント」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シンクライアントに関連した本

シンクライアントに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シンクライアント」の関連用語

シンクライアントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




シンクライアントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2014 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシンクライアントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンクライアント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS