シワチャヤマイグチとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > シワチャヤマイグチの意味・解説 

シワチャヤマイグチ

イグチ科ヤマイグチ属のきのこの一種。和名の通り、傘表面著しい皺を持つのが特徴学名種小名)の「hortonii」は、菌学Peckミドルネームにちなん命名された。傘表皮構造アンモニアによる緑色呈色反応など、他のヤマイグチ異な特徴があり、2013年現在、分類学位置がはっきりと定まっていない。研究者によってはBoletusヤマドリタケ)属あるいはXerocomus(アワタケ)属に含める見解もある。

シワチャヤマイグチ

学名Leccinum hortonii (A. H. Smith et Thiers) Hongo et Nagasawa
イグチ科 ヤマイグチ属)
シワチャヤマイグチ
夏から秋にかけてブナ科樹木林内地上発生する。名前のとおり傘の表面には多くシワがあり、傘が開く前はまるで脳みそのようにも見える。 現在のところ、日本北アメリカ東部発生確認されている。きのこの中にはこのように離れ分布をするものがあり、その理由はまだわかっていない

特 徴
傘は初め半球形で後には開いて平らになる。表面の色は茶褐色で、いちじるしいしわがある。傘が開く前は脳みそ状である。管孔初め黄色で後には緑黄色となり柄に上生する。 柄は淡黄褐色で根もとは太くなり、表面は細かなうろこ状のささくれがある。また、柄の表面には不明瞭網目模様がつくこともある。





シワチャヤマイグチと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

シワチャヤマイグチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハナガサタケ

ツガマイタケ

ムラサキアブラシメジモドキ

ニガクリタケ

バライロウラベニイロガワリ

マムシフウセンタケ

アミスギタケ

エノキタケ





シワチャヤマイグチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2017 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS