シマンテックとは?

シマンテック(NASDAQ:SYMC)

住所: 20330 Stevens Creek Blvd.Cupertino, CA 95014United States
電話: 1- (408) 517-8000
FAX: 1- (408) 252-4694
ウェブサイト: http://www.symantec.com
業種: テクノロジー
業界: ソフトウェア

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

シマンテック

別名:シマンテック コーポレーション
【英】Symantec, Symantec Corporation

シマンテックとは、米国カリフォルニア州マウンテンビュー本社を置く、主にセキュリティ関連ソリューションを提供している企業である。

シマンテックは1982年設立された。セキュリティストレージシステム管理ソリューションなどを個人および法人向けに提供している。1990年に、ピーター・ノートン設立したピーター・ノートン・コンピューティングを買収してからは、「Nortonブランドセキュリティソフト販売も手がけている。

日本においては、シマンテックの日本法人である株式会社シマンテックSymantec Japan, Inc)が1994年設立されており、各種活動を行っている。


参照リンク
Symantec - (英語)
シマンテック - (日本語

シマンテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 08:51 UTC 版)

シマンテック・コーポレーション: Symantec CorporationNASDAQ: SYMC)は、1982年に設立された、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるソフトウェア会社である。日本法人は1994年設立の株式会社シマンテック: Symantec Japan, Inc.)である。




  1. ^ http://www.symantec.com/about/profile/
  2. ^ 樽井秀人 (2017年9月12日). “Google、Symantec証明書に対する信頼を段階的に削減。「Google Chrome 70」で完全削除”. 窓の杜. 2017年9月12日閲覧。
  3. ^ 石井一志 (2017年8月3日). “Symantec、Webサイトセキュリティ事業とPKIソリューションをDigiCertへ売却”. クラウド Watch. 2017年9月12日閲覧。
  4. ^ 「Visual Cafe for Javaの新版が 早くも登場,目玉は「Open API」」、『日経ソフトウェア(創刊号 1998/7)』第1巻第1号、日経BP、1998年6月24日、 10頁。


「シマンテック」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シマンテックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シマンテック」の関連用語

シマンテックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MEDIAS PP

iPhone X

arrows SV F-03H

レグザZ8X

Magic Trackpad

iOS 11

L-06D JOJO

モデム





シマンテックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2017 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシマンテックの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシマンテック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS