シトロエンとは?

シトロエン

英語 CITROEN

アンドレ・シトロエン1913年設立したフランスメーカー19年にTYPEAが製作され、34年には世界初量産FF車生産開始した。48年には前後輪の連動サスペンション採用した2CV完成させた。第2次世界大戦前は、速度記録(ただし周回路を長時間走行するタイプ)に挑戦した以外はモータースポーツとあまり縁がなかったが、戦後になってラリー参戦59年66年モンテカルロラリー優勝(DS19、21)するなど、多く国際的ラリー好成績収めた。会社自体70年代中盤経営不振に陥り、現在はシムカ同様にプジョー併合されPSAグループ一員になっている91年からZX(前年までのプジョーマシンベース開発)でパリダカール・ラリー参戦し、91年9496年と計4勝をあげた。また、現在はクサラでWRC出場しており、着々と成績伸ばし2003年開幕戦モンテカルロラリーで1勝をあげた。一方WRC登竜門である新カテゴリー・スーパー1600サクソ投入、トップコンテンダーとして活躍している。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

シトロエン

名前 Citroën

シトロエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 06:44 UTC 版)

オトモビル・シトロエン(Automobiles Citroën)は、フランスの大手自動車メーカー。現在はPSA・プジョーシトロエン・グループの一企業となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ [1] -シトロエン・ジャポンWebページ
  2. ^ a b シトロエンCエリゼ/C4L、デビュー - AUTOCAR JAPAN・2012年6月20日
  3. ^ New Citroen C4 AIRCROSS: PSA's Second Take on the Mitsubishi ASX”. Carscoop (2011年9月30日). 2011年11月4日閲覧。
  4. ^ 初期シトロエンの車名について:C4以前のモデルでは、タイプA、B、Cはシャーシの形式を表しており車名ではない。当時の広告などによると、シトロエンの10馬力でトーピード式、シトロエンの5馬力で3人乗り、シトロエンの5馬力でカブリオレ、などの名称で販売されていた。また、馬力はフランス流の課税馬力であったが、綴りは英語風に10HP、5HPであった。タイプBがエンジンを拡大し多様化していくとこの方法は通用しなくなり、C4とC6にいたってシャーシ名が車名となった。続くモデルはC7となるはずであったが、ロザリーという車名が付けられ課税馬力による呼称を併用した。トラクション・アバンで再び、7CV、11CV、15CVのように課税馬力が車名となった。
  5. ^ シトロエン&ローブ、WTCC参戦! - HOBIDAS AUTO・2013年7月1日


「シトロエン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シトロエンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シトロエン」の関連用語

シトロエンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AZ-オフロード

逆相操舵

人体ダミー

日本工業規格

ラウム

ティアナ

ヘッセルマン機関

エキゾーストシステム





シトロエンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシトロエン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS