シデ類とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > シデ類の意味・解説 

シデ類


シデの類には、北海道本州四国九州分布するサワシバ(C.cordata )、アカシデ(C.laxifora)、本州四国九州分布するイヌシデ(C.tschonoskii )、クマシデ(C.japonica)などがあります。あまり大きくはなりませんが、それでも、樹高15m位にはなるものがあります分布が広いので、雑木林のなかに認められることが多い類です。関東地方でも、注意すると、雑木林の中で見付けることが出来ます

木材
心材辺材の色の差は余りありません。木材の色はほとんど白色で、光沢ありますが、ときにはやや黄色を帯びます。年輪境界にはやや白色の帯があり、それで、年輪がはっきりと見えます。この類の特徴は、横断面年輪を見ると、年輪ギザギザに波打っていることで、これがわかると、この類を他から区別することが容易に出来ます木材やや重硬~重硬で、弾力性があり、気乾比重は:0.75(クマシデ)、0.70~0.82(アカシデ)です。どちらかというと加工難し木材といえます。

用途
曲げ木にして傘の柄、靴型、ろくろ細工漆器木地家具農具の柄、器具の柄、薪炭材(炭の質はカシ類に次ぐとされています)などがあり、シイタケ栽培用の原木にも適します。樹皮の付いた小丸太を床柱にしたり、樹皮剥がして磨いた丸太は、材面に大きな皺があり、雅致があるので、床柱に使われます。紡織用材(シャットル、木管など)としても知られています。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シデ類に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シデ類」の関連用語

シデ類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キハダ

イスノキ

エゴノキ

カキ

シラカンバ

イヌマキ

マカンバ

サワグルミ





シデ類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright

©2016 Weblio RSS