シオデとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > シオデ > シオデの意味・解説 

牛尾菜

読み方:シオデ(shiode)

ユリ科蔓性多年草


読み方:シオデ(shiode)

馬具一種。鞍の前輪後輪とに二ヶ所ずつとりつける

別名 四方手四方出四緒出


四方出

読み方:シオデ(shiode)

馬具一種

別名 鞖、四方手四緒出


四方手

読み方:シオデ(shiode)

馬具一種

別名 鞖、四方出四緒出


四緒出

読み方:シオデ(shiode)

馬具一種。鞍の前輪後輪とに二ヶ所ずつとりつける

別名 鞖、四方手四方出


牛尾菜

読み方:シオデ(shiode)

ユリ科つる性多年草薬用植物

学名 Smilax riparia var.ussuriensis


シオデ ユリ科

シオデ
ユリ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
5月6月 が開く前の若芽

ショウテンボ


芽 葉 花

味わう

5~6月頃のが開く前の若芽を、ゆでておひたし酢の物和え物に。また、天ぷらや、バター炒めなどにして春の味を楽しむことができる。

薬効

漢方では根茎と根を馬尾伸筋(ばびしんきん)と呼び、活血、鎮痛薬として用いる。


DATA
シオデの若芽は、姿形も味もアスパラガス似ていることから、ヤマアスパラと呼ばれることもある。
若芽は、春から夏にかけ、山のややぶの浅い場所で、日当たりよいところ生え群生せずポツリポツリと生えているため、沢山採ることは結構難しい。
シオデはツル状に伸び草木巻き付き、夏には淡い緑色の花をつける。
【清見情報
清見町各所草原見られる蔓性雌雄異株多年草で、卵形葉脈から出る巻きひげで他のものに絡みつく。
シオデの語源アイヌ語のシュウトンテから来ているといわれ、清見町方言名シュウテンボは一層アイヌ語に近いことに興味深いものがある





シオデと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シオデに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シオデ」の関連用語

シオデのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チシマザサ

オオバギボウシ

ヤナギタデ

クズ

オオバギボウシ

ヤブレガサ

オオバギボウシ

ナズナ





シオデのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2016 ひだ清見観光協会

©2016 Weblio RSS