サンゴタツとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > サンゴタツの意味・解説 

サンゴタツ

学名Hippocampus japonicus 英名:Coral dragon
地方名ウマウヲタツノコ 
脊椎動物門硬骨魚綱ヨウジウオ目−ヨウジウオ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫

特徴
沿岸域や浅い内湾が多い場所に多く日本産のタツノオトシゴ類としては最も小さい。本州中部では春から秋が産卵期で、雄の育児嚢中に卵を産み付ける孵化後もしばらくは育児嚢の中で保育され、8mmほどになると産出される。稚魚内湾流れ藻に付いていることが多い。

分布:函館九州南部中国 大きさ:8cm
漁法:  食べ方: 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サンゴタツ」の関連用語

サンゴタツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トクビレ

ブダイ

ウスメバル

リュウグウハゼ

キンメダイ

オキヒイラギ

カラスエイ

ギンダラ





サンゴタツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.

©2017 Weblio RSS