サルファ剤とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > サルファ剤の意味・解説 

サルファ剤


サルファ剤 [Salfa drug(s)]

 スルフォンアミド剤ともよばれる。p-アミノベンゼンスルフォンアミド(p-H2N・C6H4・SO2NHR)とそのアミド置換体である合成化学療法剤をいう。1932年最初にG.J.P.ドマーク(ドイツ)によってアゾ色素アミノ基置換体に強い抗菌性認められてからアゾ化合物注目され、細菌感染症に有効な赤色プロントジル開発されて化学療法時代が始まった。この薬剤生体内効力がでることから、その作用研究された結果生体内では無色スルファニルアミド還元されて抗菌性現れることが証明された。それを契機として、種々のスルファニルアミド誘導体研究され、現在は優れた抗菌性をもつ多くのサルファ剤が使用されている。
サルファ剤はグラム陽性球菌(ブドウ球菌、ミクロコッカス、連鎖球菌腸球菌など)と、桿菌(ウェルシュ菌破傷風菌など)、グラム陰性球菌(髄膜炎菌淋菌)と、桿菌(大腸菌赤痢菌サルモネラなど)に対して抗菌作用がある。
サルファ剤の作用はこれらの細菌発育阻害する静菌作用であるが、その作用機序ビタミン1種である葉酸生合成阻害することが特徴である。
すなわち、細菌細胞内ではプテリジン、p-アミノ安息香酸(PABA)とグルタン酸を材料として葉酸合成されるが、サルファ剤の基本構造であるスルファニルアミド部分がp-アミノ安息香酸類似しているので、これと競合的に策して細菌葉酸合成阻害する。なお、サルファ剤ではないが、p-アミノサリチル酸(PAS)も同様な作用である。一方動物細胞内では葉酸合成する仕組みがないので、動物細胞はサルファ剤による作用を受けない。つまり、それぞれ作用は違うが、ペニシリンをはじめ有用な抗生物質同様に選択毒性において優れた薬剤である。
現在、スルフイソキサゾール(SIX)、スルフイソミジン(SID)、スルファメチゾール(SMZ)や持続性があるスルファメトキサゾール(SMXZ)、その他の有用なサルファ剤が使用されている。

サルファ薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/02 08:46 UTC 版)

(サルファ剤 から転送)

サルファ薬(サルファやく、: sulfonamides)とは、スルホンアミド(-S(=O)2-NR2)部位を持つ合成抗菌剤・化学療法薬の総称。生物由来ではないため、抗生物質とは呼ばれない。




「サルファ薬」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サルファ剤に関連した本

サルファ剤に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サルファ剤」の関連用語

サルファ剤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ライスフラワー

裏メリヤス編み

タイワンガザミ

C.C.ホット

キハ8500系

べし見悪尉

ギミーブック

路上路盤再生工法





サルファ剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2015 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2015 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2015 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサルファ薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS