サフラワー油とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 食用油脂 > サフラワー油の意味・解説 

サフラワーゆ [4] 【サフラワー油】 〔safflower oil〕

紅花種子から採った油。ベニバナ油

サフラワー油

主として圧抽法によって得られ、殻を除いてから採油すると油の性質著しく改善されるので、最近採油先立って脱穀工程付け加え試みもなされている。
リノール酸タイプと高オレイン酸タイプがある。高リノール酸タイプは、沃素価140150鹸化価186194比重d0.919~0.924、屈折率n1.472~1.476、不鹸化物1.0%以下で、脂肪酸組成は、パルミチン酸6~11%、ステアリン酸1~3%、オレイン酸1226%、リノール酸5978%、リノレン酸0~2%である。高リノール酸タイプは、大部分リノール酸であるので乾燥性がよく、精製すれば容易に淡色になる。また、リノレン酸含量少ないので、乾燥被膜変色しないという長所持っている精製油早くから食用に供され、特にリノール酸血中コレステロール低下作用認められ、動脈硬化症予防の意味からも食用としての有用性関心を持たれている。ただ、長く加熱すると酸化しやすいという欠点がある。また、その乾性性状利用した工業用(塗料印刷インク等)の需要もある。
次にオレイン酸タイプは、品種改良されたハイオレック種の種子から採取したもの沃素価80100比重d0.910~0.916、屈折率n1.466~1.470、不鹸化物1.0%以下で、脂肪酸組成パルミチン酸4~6%、ステアリン酸2~3%、オレイン酸7080%、リノール酸1221%、リノレン酸0~1%であり、リノール酸に代わってオレイン酸に富んでいる。このため酸化しにくく熱安定性すぐれている
サフラワー油
生産国中近東米国カリフォルニア州アリゾナ州メキシコインド

サフラワー油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/25 14:11 UTC 版)

サフラワー油( - ゆ、Safflower oil)は、ベニバナ種子から採取される油脂紅花油(べにばなゆ)、サフラワーオイルとも呼ばれ、主に食用油として用いられる。 ひまわり油であるサンフラワー油と誤記されやすい。




「サフラワー油」の続きの解説一覧





サフラワー油と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サフラワー油に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

サフラワー油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




サフラワー油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2014
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサフラワー油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS