サイドバイサイドとは?

【サイドバイサイド】(さいどばいさいど)

Side by side.

  1. 航空機操縦室(コックピット・フライトデッキ)の座席配置で、機長副機長座席機首方向に対して並列配置されているもの。
    旅客機などの大型機やヘリコプターなどで多く採用されている。
    固定翼機場合は左、ヘリコプター場合は右に機長座するのが通常

    タンデム式座席配置比較して、クルー意思疎通スムーズに行える利点がある。
    また、練習機では、教官訓練生コミュニケーション取りやすく、教習しやすいとも言われる

    しかし、軍用機、特に戦術機の場合は「機体幅の広がりによる空気抵抗増加」や「個々搭乗者の左右視界端な偏り」から敬遠されており、
    良い事といえば隣が何をしているか完全に把握できるくらいで、だからといってそれで気が休まることなどありはしない」
    とも言われるほどである。

    戦術機では攻撃機採用例はあるが、A-6F-111Su-24Su-32などの極一部のみとなっている。
    特にSu-24などは、サイドバイサイドに利点見出した為の採用、というより同時期のF-111影響を受けすぎた結果と言われる


  2. バイク自動車において、航空機と同じような座席配置になっているものをこう呼ぶことがある

    asukacp1.jpg
    Photo:MASDF
    飛鳥の例

サイド・バイ・サイド

英語 side-by-side

並んで、という意味。レースでは車両同士並走状態になっている状況を表す。レースでの競り合い表現した言葉で、そのニュアンスのとおり、クルマ側面側面接するほどの激しバトル様子をいう。両車のスピードが桔抗していたりドライバー技量接近していて、容易には勝敗つかないようなシーンでよく使われる。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

サイド・バイ・サイド

作者森詠

収載図書サイド・バイ・サイド
出版社実業之日本社
刊行年月1993.1

収載図書七つの恋の物語
出版社河出書房新社
刊行年月2003.9
シリーズ名河出文庫


サイド・バイ・サイド

作者平安寿子

収載図書Bランクの恋人
出版社実業之日本社
刊行年月2005.10

収載図書Bランクの恋人
出版社実業之日本社
刊行年月2008.2
シリーズ名Jノベル・コレクション


サイドバイサイド side by side

2人乗り飛行で、飛行方向に対し縦に並んで搭乗するものをタンデム、横に並ぶものはその形態からサイドバイサイドとなる。
パラグライダータンデム飛行は縦並び横並びどちらでも出来スクールによっては横並びで行う所も少なくない実際にサイトバイサイドの形で飛行しても2人乗り飛行タンデム飛行)と呼んでいる。

サイドバイサイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/09 09:15 UTC 版)

サイドバイサイド
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人~4人通信対戦プレイ
発売日 [AC]:1996年
テンプレートを表示

サイドバイサイド』 (SIDE BY SIDE) はタイトーから1996年にリリースされたアーケード用レースゲーム

ゲーム概要

業務用としては初の、市販されている国内メーカーのスポーツカーが実名で登場するレースゲーム。
ステアリング、ブレーキ&アクセルペダル、ビューチェンジ&スタートボタン、シフトレバーで操作する。制限時間内にゴールしないとゲームオーバーになる。
OPは頭文字Dを想起させるようなAE86トレノとFC3SRX-7の対戦、シルビアとシビックの対戦が描かれる。

本作のBGMは「SAWAMMY」こと三澤宏行によるもので、コースBGMはコース毎に「BLUE WIND」(初級・中級・弩級)と「RED ROAD」(上級・超上級)で固定。
選択時のBGM「BURNING FLAME」のみ、サイドバイサイド2及びサイドバイサイドスペシャルのネームエントリーBGMとしてアレンジされて使用されたが、以降のシリーズでは収録されなかった。

コース

  • 初級「春」

の山中を走るコース。初級コースであるが序盤のコーナーはブレーキングが必要となるなど、後継作品のそれと比べ難易度が高め。
中盤以降は桜が多く咲いている直線的な道を走る。コース中、道の幅が狭くなる箇所が2つある。

  • 中級「夏」

の人で賑っている海岸沿いと山を走るコース。序盤は緩やかなカーブが連続し、終盤はコース路面が滑り易く、車の制御が難しくなるグラベル路面となる。
AC版ではコース序盤に岩山や灯台があったが、PS版では削除されている。

  • 上級「秋」

の観光地の渓谷を走る。道幅が狭いトンネルや落ち葉の路面が特徴。落ち葉の路面では、中級のグラベル路面程ではないがグリップが落ちる。
序盤は緩やかなカーブのみだが全体の道幅が狭く、中盤からは道幅は広がるが落ち葉の路面に連続ヘアピンカーブを走る事になる。
AC版ではスタート地点に金剛力士の像と大仏、御土産センターの看板があったが、PS版では削除されている。

  • 超上級「冬」

の村落をモチーフにしたコースで、道幅は広いがコーナーはほぼヘアピンのみの雪道を走る。
雪道は中級のグラベル路面と同じくグリップが落ちるが、こちらはスタート地点以外雪道の為、難易度は非常に上がっている。
バトルギアの超上級に似るが、こちらの方が難易度が高い。

  • 弩級「極」

今作のOPに登場するコース。コイン投入時にビューボタンを押したままゲームスタートすると選択できる(PS版では最初から選択可能)。
コーナーがかなり多く、自然の岩で出来たトンネルを抜けるごとに上記のコースを混ぜ合わせたかの様な、舗装面とグラベル路面が混じった路面や雪道、そして通常の路面と路面状況が変わる渓谷を走る。
ミスをするとゴールは難しくなり、後のバトルギアシリーズの弩級と比較するとこちらの方が難易度がかなり高い。このコースを1位でゴールするとエンディングが流れる。

登場車両

本作に登場する車のホイールはすべて非純正の物が装着され、一部ボディカラーも実車には存在しない架空の色に設定されている。

トヨタ自動車

日産自動車

ホンダ

  • EG6 シビック SIR アーケード版は緑、PS版は赤。
  • NA1 NSX 黄色。

マツダ

  • FC3S サバンナRX-7 ∞ アーケード版は赤、PS版は白。
  • FD3S RX-7 RZ アーケード版は黒、PS版は黄色。

移植作品

1997年12月4日発売(1999年11月11日デュアルショックの振動機能のみに対応した廉価版サイドバイサイドスペシャル2000が発売)。
『サイドバイサイド』と『サイドバイサイド2』(無印バージョン)のカップリング移植となっている。特定の条件を満たすと新しいコースと車(タイトーの営業車3台)が追加される。ネジコン対応。

体験版

プレイステーション版電車でGO!にサイドバイサイドスペシャルの体験版が収録されている。プレイできるステージは、初級と中級である。


サイド・バイ・サイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/28 15:05 UTC 版)

サイド・バイ・サイド

技術

音楽

その他の作品名







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

サイドバイサイドに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サイドバイサイド」の関連用語

サイドバイサイドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シティ

ガンシップ

マップケース

ノックピン

AIM-9

Uターンアプローチ

ノーズコーン

マスターアームスイッチ





サイドバイサイドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2017 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイドバイサイド (改訂履歴)、サイド・バイ・サイド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS