コーフボールとは?

コーフボール

歴史と沿革


コーフボールは1902年オランダ生まれニュースポーツです。教師のニッコ・ブロークフィセ氏が、少年と少女混合楽しめる屋外スポーツとしてバスケットボールルールを基に考案しました。「コーフKorf)」はオランダ語で、「バスケット(籠)」を意味します。

現在はヨーロッパ中心に世界59カ国で屋内、または屋外競技として普及しており、1933年設立された国際コーフボール連盟(IKF/International Korfball Federation)が各国関連団体統轄しています。国際大会として4年ごとに世界選手権開催されるほか、ワールドゲームズアジア選手権香港トーナメント毎年6月)などが行われています。

日本では1991年男女混合で行える独特のスポーツとしての価値認め江橋慎四郎氏(現日本コーフボール協会名誉会長)が東京開催した講習会普及始まりです。講師台湾師範大学の方瑞民氏が招待され、東京YMCA社会体育専門学校会場行われました。同年日本コーフボール協会設立され、現在はコーフボールジャパンオープンなどの大会主催しています。国際大会などに出場する競技選手としては現在、東京地区20人が活動中です。


競技方法

コーフボールの大きな特徴男女混合(1チーム男女各4人の計8人)で行う点です。バスケットボールに似ていますが、ドリブル禁止のためパス中心ゲーム展開になります。基本ゲーム前後30分ずつで間にハーフタイム10分をはさみます。ただし、大会によって異な場合あります

ゴール周り360度どこからでもシュートが打てるので、スペース使い方ポイントになります。

ドリブル禁止されているので、頭を上げパスを出す相手をしっかり探せるため、「空間知覚」を学習する教材にも適しています。


ルール

コーフボールの主なルール以下の通りです。

ドリブル禁止

ボール持ってから移動できるのは2歩まで。

シュートはどこからでも打つことができるが、どこから打っても得点は1ポイント

試合男女混合で行うが、異性マークすることは禁止

接触プレー禁止

ディフェンス至近距離にいるときにシュートを打つと、オフェンスは「ディフェンド」という反則になる。
  至近距離判断は、ディフェンス伸ばした手がオフェンス胸元に届くほどの距離。


道具、コートなどの説明



コーフボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/07 23:25 UTC 版)

コーフボール: korfball: korfbal)は、バスケットボールを入れることを競うスポーツ競技バスケットボールと違ってバスケットの後ろに板が設置されていないポールを使用する。主に、このスポーツが発明されたオランダで行われている。男女それぞれ4人ずつ計8人が1チームとして、同じコートに入って競技する。






「コーフボール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コーフボール」の関連用語

コーフボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フィギュアスケート

トライアスロン

ブルームボール

なぎなた

フラッグフットボール

ショートトラックスピードスケート

ウィンドサーフィン

フリークライミング





コーフボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーフボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS