コーヒーの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コーヒーの歴史の意味・解説 

コーヒーの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/16 14:32 UTC 版)

コーヒーの歴史ではコーヒーノキの利用と栽培、およびコーヒー飲用の歴史について述べる。




注釈

  1. ^ 当時のロンドンの人口が約600,000人であったことを理由として、3,000軒という数の信憑性を疑問視する意見が存在する(スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、153頁)
  2. ^ 「ロンドンの家庭の主婦」による声明文は実際に女性によって書かれたものではなく、コーヒー・ハウスに出入りする文筆家やコーヒーの普及に脅かされるアルコール業界の要請を受けた人物によるものだと考えられている。(臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、82頁)
  3. ^ 大淀三千風が編んだ、元禄2年(1689年/90年)序のある『日本行脚文集』収録の「丸山艶文」には、コーヒーの別名の1つである「皐蘆(なんばんちゃ)」についての記述が存在する。しかし、「丸山艶文」で言及される「なんばんちゃ」はコーヒーではなく、紅茶だと考えられている。(奥山『コーヒーの歴史』、35-37頁)
  4. ^ 昭和30年代まで放香堂ではコーヒーが取り扱われていたが、その後販売されていない(神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、11頁)

出典

  1. ^ a b c d e f 辻調おいしいネット - カフェ・マニアックス(2014年3月閲覧)
  2. ^ a b c 猫井登『お菓子の由来物語』(幻冬舎ルネッサンス, 2008年9月)、180-181頁
  3. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、53頁
  4. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、8頁
  5. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、54頁
  6. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、11頁
  7. ^ http://www.gutenberg.org/ebooks/28500 ALL ABOUT COFFEE
  8. ^ a b c d 河野『水・飲料』、159頁
  9. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、36頁
  10. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、51頁
  11. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、37頁
  12. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、38-40頁
  13. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、40-41頁
  14. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、19頁
  15. ^ a b ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、35頁
  16. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、40頁
  17. ^ 河野『水・飲料』、159-160頁
  18. ^ 河野『水・飲料』、160頁
  19. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、13頁
  20. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、13-14頁
  21. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、9頁
  22. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、107-108頁
  23. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、17-23頁
  24. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、27頁
  25. ^ a b c 飯森嘉助「コーヒー」『新イスラム事典』収録(平凡社, 2002年3月)、225頁
  26. ^ a b c 田村愛理「コーヒー」『岩波イスラーム辞典』(岩波書店, 2002年2月)、375-376頁
  27. ^ a b c ワイルド『コーヒーの真実』、57頁
  28. ^ 河野『水・飲料』、160頁
  29. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、15-16頁
  30. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、15頁
  31. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、26-27頁
  32. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、27-29頁
  33. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、47-51頁
  34. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、148頁
  35. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、29頁
  36. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、148-149頁
  37. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、53頁
  38. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、27,30頁
  39. ^ a b ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、8頁
  40. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、9頁
  41. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、62頁
  42. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、60-61頁
  43. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、7-8頁
  44. ^ a b c d e 河野『水・飲料』、161頁
  45. ^ 鈴木『トルコ』、266頁
  46. ^ a b c ワイルド『コーヒーの真実』、63頁
  47. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、114-115頁
  48. ^ a b 奥山『コーヒーの歴史』、8頁
  49. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、111頁
  50. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、22頁
  51. ^ a b 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、31頁
  52. ^ 鈴木『トルコ』、266,268頁
  53. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、117頁
  54. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、32,36-37頁
  55. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、64頁
  56. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、23頁
  57. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、50-51頁
  58. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、30頁
  59. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、34頁
  60. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、123-124頁
  61. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、119頁
  62. ^ a b 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、35頁
  63. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、7頁
  64. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、144頁
  65. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、37頁
  66. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、41頁
  67. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、43-45頁
  68. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、36頁
  69. ^ 鈴木『トルコ』、278頁
  70. ^ ジョセフ・ウェクスバーグ『オーストリア ハンガリー料理』(タイムライフブックス, 1978年)、153-154頁
  71. ^ コー​​ヒーの歴史[1]
  72. ^ http://www.kanda-coffee-en.com/osusume_back.php?y=2013&m=02
  73. ^ a b 伊藤『コーヒー博物誌』、49頁
  74. ^ a b 奥山『コーヒーの歴史』、205頁
  75. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、32-33頁
  76. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、107頁
  77. ^ a b スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、150頁
  78. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、121,128頁
  79. ^ a b c ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、127頁
  80. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、150-151頁
  81. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、41頁
  82. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、33頁
  83. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、151頁
  84. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、15-16頁
  85. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、144頁
  86. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、144-145頁
  87. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、96-97頁
  88. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、144-145頁
  89. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、16-17頁
  90. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、39頁
  91. ^ a b ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、55頁
  92. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、97頁
  93. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、17頁
  94. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、58頁
  95. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、152頁
  96. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、99頁
  97. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、49頁
  98. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、153頁
  99. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、59-60頁
  100. ^ a b 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、37頁
  101. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、41-42頁
  102. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、99-100頁
  103. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、42頁
  104. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、59-60,77頁
  105. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、78,86-87頁
  106. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、98-99頁
  107. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、20頁
  108. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、34頁
  109. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、66頁
  110. ^ a b スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、155頁
  111. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、100-101頁
  112. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、104-105頁
  113. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、69-71頁
  114. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、50頁
  115. ^ a b 伊藤『コーヒー博物誌』、32頁
  116. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、36頁
  117. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、139-142頁
  118. ^ ドールマン『ヨーロッパのカフェ文化』、97頁
  119. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、71-72頁
  120. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、71-72頁
  121. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、139頁
  122. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、142頁
  123. ^ ドールマン『ヨーロッパのカフェ文化』、139-140頁
  124. ^ ドールマン『ヨーロッパのカフェ文化』、145頁
  125. ^ ドールマン『ヨーロッパのカフェ文化』、144-145頁
  126. ^ a b c d 河野『水・飲料』、162頁
  127. ^ 南『ドイツ』、125,127頁
  128. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、36頁
  129. ^ 南『ドイツ』、127頁
  130. ^ 南『ドイツ』、128-132頁
  131. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、37頁
  132. ^ 南『ドイツ』、133頁
  133. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、154頁
  134. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、149-152頁
  135. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、150頁
  136. ^ a b 南『ドイツ』、134頁
  137. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、152-153頁
  138. ^ ドールマン『ヨーロッパのカフェ文化』、16-19頁
  139. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、34頁
  140. ^ ドールマン『ヨーロッパのカフェ文化』、11,13-14頁
  141. ^ a b c d e 沼野、沼野『ロシア』、123-125頁
  142. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、161頁
  143. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、162頁
  144. ^ a b c 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、38頁
  145. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、38-39頁
  146. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、41-42頁
  147. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、137,141,145頁
  148. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、221頁
  149. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、38-39頁
  150. ^ a b 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、39頁
  151. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、223頁
  152. ^ a b c 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、40頁
  153. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、84-85頁
  154. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、226-227頁
  155. ^ a b 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、73頁
  156. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、48頁
  157. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、145頁
  158. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、45-46頁
  159. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、46-47頁
  160. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、89頁
  161. ^ a b UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、54頁
  162. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、84,90頁
  163. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、207-208頁
  164. ^ a b 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、145頁
  165. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、244-245頁
  166. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、64頁
  167. ^ a b 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、21頁
  168. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、64,162頁
  169. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、210-211頁
  170. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、42-43頁
  171. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、137頁
  172. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、43頁
  173. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、138-142頁
  174. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、12-13頁
  175. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、41,55頁
  176. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、30-32頁
  177. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、75,79-80頁
  178. ^ a b c d e f 河野『水・飲料』、163頁
  179. ^ 全日コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、40-44頁
  180. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、164頁
  181. ^ 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、13頁
  182. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、178-185頁
  183. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、132-133頁
  184. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、86-87頁
  185. ^ a b 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、10頁
  186. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、97-98頁
  187. ^ 敬学堂主人、『西洋料理指南』下p37左-p38左、1872年、東京、東京書林雁金屋 [2]
  188. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、86-87頁
  189. ^ 1878年(明治11年)生まれの物理学者寺田寅彦は、幼少期に「おくすり」として牛乳を飲まされた際、この臭気消しのコーヒーに魅了される。 随筆「珈琲哲学序説」(1933年 青空文庫)。 ここには、明治中期のコーヒー糖と称する一種のインスタントコーヒーも出てくる(「路傍の石」にも登場)。
  190. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、173頁
  191. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、199頁
  192. ^ 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、8頁
  193. ^ a b c 伊藤『コーヒー博物誌』、198-199頁
  194. ^ 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、8-10頁
  195. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、206-207頁
  196. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、199頁
  197. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、192-194頁
  198. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、207-209頁
  199. ^ a b 河野『水・飲料』、165頁
  200. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、229,233頁
  201. ^ a b 石毛直道『食の文化を語る』(ドメス出版, 2009年4月)、206頁
  202. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、254,264頁
  203. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、235頁
  204. ^ 田口『田口護の珈琲大全』、51頁
  205. ^ a b 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、15頁
  206. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、145頁
  207. ^ a b c d e f 阿部健一「コーヒー」『新版 東南アジアを知る事典』、158-159頁
  208. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、118頁
  209. ^ a b c 平井「タイのコーヒー、ラオスのコーヒー」『嗜好品の文化人類学』、49-50頁
  210. ^ a b c 村井吉敬、佐伯奈津子『インドネシアを知るための50章』(エリア・スタディーズ, 明石書店, 2004年7月)、111-115頁
  211. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、9頁
  212. ^ a b c d e 河野『水・飲料』、165頁
  213. ^ 田口『田口護の珈琲大全』、18-19頁
  214. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、42,81頁
  215. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、80頁
  216. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、9頁
  217. ^ ハトックス『コーヒーとコーヒーハウス』、28頁
  218. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、67頁
  219. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、81-82頁
  220. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、32頁
  221. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、83頁
  222. ^ http://mamezou.jimdo.com/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%9C/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80/
  223. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、183-185頁
  224. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、48頁
  225. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、51-52頁
  226. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、50頁
  227. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、52頁
  228. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、108頁
  229. ^ a b 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、52頁
  230. ^ a b スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、157頁
  231. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、122頁
  232. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、59頁
  233. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、111-112頁
  234. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、112-113頁
  235. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、51-52頁
  236. ^ ワインバーグ、ビーラー『カフェイン大全』、381-383頁
  237. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、159頁
  238. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、113-114頁
  239. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、111頁
  240. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、55-56頁
  241. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、111頁
  242. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、112頁
  243. ^ スタンデージ『世界を変えた6つの飲み物』、159-160頁
  244. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、47-48頁
  245. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、105頁
  246. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、43-44頁
  247. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、53-54頁
  248. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、45頁
  249. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、181-182頁
  250. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、54頁
  251. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、182頁
  252. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、162-164頁
  253. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、73頁
  254. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、73頁
  255. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、100頁
  256. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、45-46頁
  257. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、183頁
  258. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、61頁
  259. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、79頁
  260. ^ a b ワイルド『コーヒーの真実』、184頁
  261. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、101-103頁
  262. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、85頁
  263. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、122頁
  264. ^ a b c 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、90頁
  265. ^ 神戸山手大学環境文化研究所『神戸カフェ物語 コーヒーをめぐる環境文化』、20頁
  266. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、47頁
  267. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、125頁
  268. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、149頁
  269. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、126-127頁
  270. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、143,150頁
  271. ^ a b 二村久則『コロンビアを知るための60章』(エリア・スタディーズ, 明石書店, 2011年6月)、39頁
  272. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、169頁
  273. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、171頁
  274. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、172-173頁
  275. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、173頁
  276. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、177頁
  277. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、192頁
  278. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、65-67頁
  279. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、68頁
  280. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、191頁
  281. ^ a b c 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、192頁
  282. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、32,36頁
  283. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、32頁
  284. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、33頁
  285. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、106-107頁
  286. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、107頁
  287. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、324頁
  288. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、114頁
  289. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、60頁
  290. ^ 田口『田口護の珈琲大全』、9頁
  291. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、80頁
  292. ^ ブラマー『紅茶・珈琲誌』、145頁
  293. ^ 臼井『コーヒーが廻り世界史が廻る』、182頁
  294. ^ ブラマー『紅茶・珈琲誌』、146頁
  295. ^ ブラマー『紅茶・珈琲誌』、146-147頁
  296. ^ ブラマー『紅茶・珈琲誌』、151頁
  297. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典』3、43頁
  298. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、241頁
  299. ^ ワイルド『コーヒーの真実』、241-242頁
  300. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、56頁
  301. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、110頁
  302. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、109-110頁
  303. ^ 田口『田口護の珈琲大全』、9頁
  304. ^ a b 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、160頁
  305. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、207-209頁
  306. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、108-109頁
  307. ^ 伊藤『コーヒー博物誌』、214頁
  308. ^ 全日本コーヒー商工組合連合会日本コーヒー史編集委員会編『日本コーヒー史』、110-111頁
  309. ^ 奥山『コーヒーの歴史』、208-209頁
  310. ^ ペンダーグラスト『コーヒーの歴史』、38頁
  311. ^ UCC上島珈琲株式会社編『コーヒー読本』第2版、133頁
  312. ^ 小澤『コーヒーのグローバル・ヒストリー』、78頁


「コーヒーの歴史」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コーヒーの歴史」の関連用語

コーヒーの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リッキー

docomo PRIME series N-07A

レッド・グラミー

オトメノカサ

方面、車線出口の予告

菱文図大小鐔

物理蒸着

OP-3C





コーヒーの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーヒーの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS