コーヒーの木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > コーヒーの木の意味・解説 

コーヒーの き [3] 【コーヒーの木】


コーヒーのき (コーヒーの木)

Coffea arabica

Coffea arabica

Coffea arabica

Coffea arabica

Coffea arabica cv. Yellow cuturra

Coffea arabica

Coffea arabica

Coffea arabica

Coffea arabica

Coffea arabica

アフリカエチオピア原産です。イエメン経て熱帯各地に広まりました。現在、世界中で飲まれているコーヒー90パーセント近くが、このアラビカ種です。花は葉腋に集まって咲き、花冠は白から黄色変わります。また果実楕円形成熟するにしたがって緑色から赤、紫色へと変化します。また「きみのコーヒー(C. arabica cv.Yellow cuturra)」と呼ばれる果実黄色成熟するものもあります。別名で、「アラビカコーヒー」とも呼ばれます。
アカネ科コーヒーノキ属常緑小高木で、学名Coffea arabica。英名は Coffee
アカネのほかの用語一覧
コンロンカ:  ムッサエンダ・ルテオラ  緋衣崑崙花  崑崙花
コーヒーノキ:  コーヒーの木  ロブスタコーヒーのき
サンタンカ:  イクソラ・コッキネア  イクソラ・ヅフィー

コーヒーノキ

(コーヒーの木 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/04 23:25 UTC 版)

コーヒーノキ(コーヒーの木)は、アカネ科コーヒーノキ属(コーヒー属、コフィア属)に属する植物の総称で、主に栽培種(アラビカコーヒーノキロブスタコーヒーノキなど)を指す。また、多数の野生種がアフリカ大陸西部~中部からマダガスカル島と周辺諸島にかけて分布している。




  1. ^ http://okinawa-coffee.seesaa.net/category/4358488-1.html コーヒーの実の果肉からジャムを作る
  2. ^ fr:Auguste Chevalierの体系(1947)に基づく、CarrierとBerthaudの分類(1985年)による
  3. ^ Aaron P.Davisが提唱した新しい分類群(2006年)による
  4. ^ http://www.vicofa.org.vn/a/news?t=24&id=838842 ベトナム・コーヒー・ココア協会(Vicofa)
  5. ^ http://www.nago-coffee.com/main.html 名護珈琲
  6. ^ 高級コーヒー「ブルーマウンテン」が消えたのはなぜ?







コーヒーの木と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コーヒーの木」に関係したコラム

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コーヒーの木」の関連用語

コーヒーの木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

秋桐

東菊

実葛

木五倍子

木五倍子

ポインセチア

一本薄

リプサリス・ケレウスクラ





コーヒーの木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーヒーノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS