コーデックとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > ネットワーク用語 > コーデックの意味・解説 

コーデック

データ符号化復号化によって形式変換を行うソフトウェアハードウェアのこと。情報を他の形式変換するソフトウェアハードウェアを指す。動画音声といったアナログ情報デジタルデータ符号化したりする際によく用いられる。

コーデック

【英】Coder-Decoder, codec

コーデックとは、あるデータストリームを他のコード形式符号化エンコード)する、および、符号化されたデータを元のデータストリーム復号デコード)するための装置またはプログラムのことである。

コーデックは元々、アナログ信号からデジタル信号への変換デジタル信号からアナログ信号への変換を行うための装置指した。また、当初専用ハードウェア用いて実現されていた。今日では、一般的にコーデックといえば特定の方式圧縮されている音声動画ファイルを、展開・再生するためのプログラムを指す場合が多い。

デジタル化されたデータストリームデータ量大きくなるため、多く場合同時に圧縮が行われる。圧縮方式可逆圧縮非可逆圧縮大別され、用途によって使い分けられる。

ツール・ユーティリティのほかの用語一覧
ファイル圧縮:  ファイル圧縮ソフト  ish  解凍  コーデック  LHA  lossless圧縮  lossy圧縮




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コーデック」の関連用語

コーデックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Apple TV

Kinect

CELL REGZA

Xperia PLAY

BlackBerry Bold 9700

LaVie Light

XOOM

セガ・マークIII





コーデックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2016 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコーデックの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーデック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS