コンポジット端子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 端子 > コンポジット端子の意味・解説 

コンポジット端子

映像信号はY(輝度信号)、C(色信号)に大別できるが、この2つを混合させた信号がコンポジット映像信号で、これを伝送するのがコンポジット端子。ちなみにテレビの放送信号はコンポジットの信号で送られている。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


コンポジット端子

読み方コンポジットたんし
別名:RCA端子ビデオ入出力端子
【英】composite connector

コンポジット端子とは、テレビビデオデッキなどの映像機器間でコンポジット映像信号伝送するために用いられる端子である。

コンポジット映像信号は、輝度信号色信号合成して作られる。受信後に再び輝度信号色信号分離して利用される。仕組み上、信号劣化しやすいという難点があるが、古くから利用されている規格であるため多く機器接続インターフェース用意されているという利点がある。

オーディオ&ビジュアルのほかの用語一覧
技術・規格:  IEEE 1394  iReady  ゴーストリダクション  コンポジット端子  コンポーネント端子  MHL  マルチアングル

RCA端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/02 21:11 UTC 版)

(コンポジット端子 から転送)

RCA端子(RCAたんし)とは電気信号をやりとりする端子の一種。映像音響機器などに広く用いられており、日本では特に断りがない限り、映像端子・音声端子はRCA端子であることが多い。この名称は、1930年代に電気蓄音機等向けにこのプラグの原形を開発した、アメリカの大手家電メーカーRCAに由来する。ピン端子ピンプラグピンジャックとも呼ぶ。




[ヘルプ]
  1. ^ Standards Details - CEA-863-A(ANSI)
  2. ^ また2012年以降に製造されたBDレコーダーのうち、Wチューナー・シングルチューナーの普及モデルは光デジタル出力端子を廃止した機種が増えており、この場合はホームシアター・デジタルコードレスサラウンドヘッドホンとの組み合わせ不可。さらにアナログAV入力端子も1系統のみの搭載。
  3. ^ 入出力ケーブルを同じ録画機に接続する場合、相互干渉による映像・音声の発振(ループ)現象を防ぐため特定のビデオ入力端子モニター出力をメニュー操作で停止する事が可能。また映像出力端子非搭載でアナログオーディオ出力のみを搭載した機種もあった。
  4. ^ デジタルチューナー搭載薄型テレビの初期モデルには従来型アナログ録画機器への録画予約をTV受像機側で一部代行する「Irシステム」が搭載されており、受信したデジタル放送は標準画質に変換されてモニター出力端子から出力される形だった。


「RCA端子」の続きの解説一覧





コンポジット端子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コンポジット端子」の関連用語

コンポジット端子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




コンポジット端子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2014 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンポジット端子の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRCA端子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS