コンバインドサイクル発電とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 発電 > コンバインドサイクル発電の意味・解説 

コンバインドサイクル発電

読み方:コンバインドサイクルはつでん
別名:ガスタービンコンバインドサイクル発電ガスタービン複合サイクル発電複合火力発電
英語:Gas Turbine Combined Cycle DevelopmentGas Turbine Combined CycleGTCCCombined Cycle Gas TurbineCCGT

複数発電方式組み合わせ発電する方式のこと。特に、ガスタービン蒸気タービン組み合わせ発電する方式を指す事が多い。「ガスタービン複合サイクル」を略して「GTCC」とも呼ばれる

コンバインドサイクル発電では、はじめに燃焼によりガス発生させ、そのガス圧でガスタービン回し発電すると同時にガスの持つ余熱利用して熱し水蒸気によって蒸気タービン回し発電する。

コンバインドサイクル発電は、通常の火力発電どのようにガスタービンのみ、蒸気タービンのみで発電する方法比べて、同じ燃料生産できる電気の量が多い。また、同じ電力量生産するために必要な燃料少なくて済むという特徴がある。

なお、コンバインドサイクル発電をさらに改良した方式として、改良型コンバインドサイクル発電ACC)と呼ばれる方式登場している。通常のコンバインドサイクル発電が1100程度の熱で燃焼させるのに対して改良型コンバインドサイクル発電1300度以上まで温度上げ高効率化を図ったものである



コンバインドサイクル発電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/15 06:00 UTC 版)

コンバインドサイクル発電: combined cycle)は、内燃力発電の排熱で汽力発電を行う複合発電である。内燃機関としては主にガスタービンエンジンが使用される。この場合狭義においてはガスタービンコンバインドサイクル発電[1]と言う。




  1. ^ : gas turbine combined cycle
  2. ^ : combined cycle
  3. ^ : advanced combined cycle
  4. ^ : more advanced combined cycle
  5. ^ : more advanced combined cycle Ⅱ
  6. ^ : super critical
  7. ^ : ultra super critical
  8. ^ 例えばガスタービン発電部2台+排熱回収ボイラー1台+蒸気タービン発電部各1台のように、蒸気タービンよりもガスタービン系の方が多い場合が通例である。
  9. ^ : pressurized fluidized bed combustion
  10. ^ a b c d 中国電力、大崎発電所を来年12月に休止 日本経済新聞 2010年4月23日 1:26配信 2013年11月23日閲覧
  11. ^ : integratefd gasification combined cycle
  12. ^ 2008年9月18日付クリーンコールパワー研究所プレスリリース
  13. ^ 第5回「新エネ大賞」新エネルギー財団会長賞『村野浄水場』


「コンバインドサイクル発電」の続きの解説一覧





コンバインドサイクル発電と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コンバインドサイクル発電に関連した本

コンバインドサイクル発電に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コンバインドサイクル発電」の関連用語

コンバインドサイクル発電のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




コンバインドサイクル発電のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンバインドサイクル発電 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS