コンテッサとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > コンテッサの意味・解説 

コンテッサ

英語 Contessa

イタリア語伯爵夫人の意。優雅気品あふれるスタイリングにちなん命名ルノーから学んだ技術をもとに1958年1月試作1号車を完成61年4月市販開始した。新設計の直列4気筒OHV・893ccエンジンは、最大出力35ps/5000rpm、最大トルク6.5kg-m/3200rpmを発生ルノー同じくリヤエンジン、リヤドライブというレイアウトをとった。新しい3速マニュアルミッションを介して高速110km/h、0→200m15.8秒をマークした。サスペンションは前ウイッシュボーン/コイル、後スイングアクスル/コイルの4輪独立式だった。価格Std585000円

62年7月マイナーチェンジで、ターンシグナルをボディサイドまでまわり込ませて視認性向上をはかった。63年5月LPG車設定11月には、エンジンを40psに高めたスポーティタイプのSを追加した。ミッションも4速に換装、最高速は120km/hにアップ装備面では前席バケットシートフォグランプ追加などがあった。900シリーズ65年1月生産停止

その間、ボディデザインミケロッティ依頼した1300シリーズが、64年8月ベールを脱いだ。エンジン直列4気筒OHV・1251ccで、最高出力55ps/5000rpm、最大トルク9.7kg-m/3200rpm。ミッションスタンダードが3速コラムデラックスが3速コラムか4速フロアシフト選択できた。当初ヘッドランプデラックスの4灯式に対してスタンダードは2灯式だったが、のちには後者も4灯式に変わった12月圧縮比を8.5から9.0に高めSUツインキャブで65psにしたエンジン搭載クーペデビューした。なお、1300モデルデザインは、65年67年3年連続して権威ある国際大賞獲得した。

65年11月、1300S登場エンジンクーペ仕様と同じだったが、フロントディスクブレーキオプション。ボディサイド後部にSのエンブレムが付いた。発売価格703000円はクーペより15万円安く好評を博したが、67年には全シリーズ生産を終えた。

コンテッサ

コンテッサ_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

コンテッサ

名前 Contessa

コンテッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/12 09:33 UTC 版)

コンテッサ(Contessa )とは




「コンテッサ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コンテッサに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コンテッサ」の関連用語

コンテッサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エンジン性能曲線

スペースビジョンメーター

機械式スーパーチャージャー

エンジン回転数感応式パワーステアリング

カムテール

フルハーネスシートベルト

ティンテッドガラス

ブガッティ





コンテッサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテッサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS