コンテクストとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > MBA用語 > コンテクストの意味・解説 

コンテクスト、コンテント

【英】:contextcontent

コミュニケーション拠り所。コンテクストとは「状況や関係」のことであり、コンテントとは「言葉数字など耳から聞こえる、目で見え情報」を指す。


暗黙の了解一を聞いて十を知る」という前提成り立つ日本人のコミュニケーションスタイルは、ハイコンテクストのものである。それと対照的に、欧米諸国多くはハイコンテントなコミュニケーションで、実際に言った言葉比重が置かれる。

グローバル・ビジネスの様々な局面で、日本人マネジャーマネジメント能力が問われている。この原因1つが、コンテクストに依存した日本人のコミュニケーションスタイルにあるという。多様性が高いグローバル組織環境では、コンテクストに依存したスタイルよりも、コンテントが明確なコミュニケーション求められるからである。グローバル環境日本人マネジャーがしなければならないのは、コンテクストフリー(関係や状況左右されない)の状況発揮できる能力身につけることである。
具体的には、明確な言葉、明確なロジック、明確な思考枠組みというコンテンツ意思疎通を行えるスキル習得することである。

■ 関連語
組織文化グローバリゼーションコミュニケーショングローバル組織

■ おすすめ科目

コンテクスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/06 04:26 UTC 版)

コンテクストContext)あるいはコンテキストとは、文脈や背景となる分野によってさまざまな用例がある言葉であるが、一般的に「文脈」と訳されることが多い。文脈により「脈絡」、「状況」、「前後関係」、「背景」などとも訳される。




「コンテクスト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コンテクストに関連した本

コンテクストに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コンテクスト」の関連用語

コンテクストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




コンテクストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンテクスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS